06<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>08
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
釣り人の雑談 
2009/08/04 ( Tue ) 10:37:15
今年の3月安値から日経平均は3500円も上がっております。皆さんの運用成績はいかがでしょうか?私は3月から見ますと投資資金が5倍以上となっております。そんなに大きな金額ではないですが評価損を全て決済してもそのような数字となります。毎日売買をすることも一つのスタンスなんでしょうが私の場合3、4日保有する、或いは1週間、2週間保有する。そして買いたくない時はとことん買わない。ポイントとなる勝負どころでは思い切って買う。このようなことの繰り返しとなっております。ですから、買いたくない時は2週間も3週間も株を買わなかったりする時があります。(空売りはしてると思います。)そんな時に入会をされた会員さんは、買い銘柄が何も書かれないわけですから、困惑されるのは当たり前だと思います。それでも自分が買い場だと思うまで我慢をする、このような書き込みとなっています。今、保有している自分の資金は年末まで残り5ヶ月で何とか2倍になるように頑張っていきたいと思っておりますので、いかにして増やすのか?いかにして守るのか?思いを書き綴っていくこととなります。ご覧になって下さい。
釣り人 
2009/08/03 ( Mon ) 14:50:00
中外薬(東1:4519)

NTT(東1:9432)

■釣り人
上げの三空と投げの三空、質問がありましたので掲載をします。まず大事なことは、ひげを計算に入れずに実体だけで窓が発生しているかどうかを考えるということです。本日において桃太郎がNTT(東1:9432)を空売りをしたわけですが、理にかなった売り場だったということです。三空で上げ止まらず四空に更になったから間違いであるという考えはそうではありません。三空の上げより四空の上げの方が更に危ない状況であるということです。今回の上昇で東芝(東1:6502)六空の上げまで上昇しました。このようなことはまれであるということ。まれなことに対してテクニカルな勉強をおろそかにしてはいけないということ。テクニカル売買というものは最も可能性の高いチャートに対して売買を繰り返すということです。三空の投げと三空の上げは需給が片方に偏っていることを表します。それに対して向かうのが逆張りの投資方法となります。この理屈がわかれば、高値で株を買うことあるいは安値で株を売ることが激減します。
釣り人 
2009/07/22 ( Wed ) 14:28:19
皆さんこんにちは、釣り人です。今回は銘柄の話ではなく弊社の講演会についてのお知らせです。先日の海の日、東京の渋谷でヘッジファンドに深く関わっている私の友人による講演会を行いました。巨額のお金がどのように世界市場を回るのか?そしてヘッジファンドとはどのようなものなのか?話を聞きました。弊社ではそのように様々なポジションで戦っている方々の講演会と実践に役立つテクニカルを使ったチャートの見方、やんちゃ姫を中心とした実践セミナーもおこなっております。東京、大阪、名古屋と今年の春から始まり、そして8月1日レベルアップセミナー(前回の株式セミナー集中講座を受講された方のみ対象)と8月2日実践セミナーが福岡で行われます。まだ席が空いておりますので受講されてみてはいかがでしょうか?これからの長い投資生活においてきっと役立つ何かを伝えてくれるものと思います。お申込みは各ページのトップページにバナーがあります。
2009年7月20日in東京 
2009/07/22 ( Wed ) 13:38:06
釣り人主催の東京有料講演会が海の日に東京渋谷にて開催いたしました。弊社から桃太郎そして、株誌「激チャ」から富田氏そして、ヘッジファンドの男が出演しました

2009年7月20日東京講演会

東京有料講演会を終えて…
今回釣り人の友人であります「ヘッジファンドの男」、特別出演お願いしました。会場の皆様の興味も大きく、多くの質問が集中しました。億単位の運用ではなく、兆という恐ろしい数字の運用に関わる話。来場者の皆さんは真剣に聞かれたものかと思います。それと、もう一つ。洞察力、あるいは知識が相当なレベルにあるという事が伺えましたが、運用に関していつでも柔軟な姿勢を崩さないという事も驚きの一言だったかもしれません。つまり、中国市場がいいと思っても翌日には即座にポジションをたたみ、ドテン逆の方向へと大きなお金が行き先を変更する。日本市場に対しても同じように柔軟に対応する。このような掴みどころのないものがヘッジファンド、そういうことでしょう。又是非世界での戦いの話聞かせて頂きたいものです。

バランス株式会社代表 原徳久
釣り人 
2009/07/17 ( Fri ) 09:26:42
7月20日来る海の日、ラジオ日経さんで釣り人出演します。なお、東京講演会と日にちが重なっておりますが、ラジオの方は収録でありますから、講演会に支障はありません。

ラジオ日経特番「やっぱり株が好き!」
釣り人 
2009/07/16 ( Thu ) 09:15:21
日経平均先物、現値 9480+190
しっかりの展開を予想しています。9時30分くらいまでは利食いが出るかもしれませんが、1日を通してみればしっかりの展開を予想されます。
マザーズ指数 426.29+11.18
ドル円 94.27

昨日私が紹介した銘柄、日証金(東1:8511)674 買い気配、CCC(東1:4756)785-6、安川電(東1:6506)643+24、ガーラ(大ヘ:4777)76000 買い気配、サンウエブ(東1:7993)288+9、GSユアサ(東1:6674)792+26
会員ページより 
2009/07/15 ( Wed ) 14:13:37
釣り人
2009/07/15 (Wed) 13:56
日経平均先物、現値 9280+30
小動きの様子であります。
マザーズ指数 411.87+8.64
ドル円 93.53
CMES&P500 910.30+8.90

日証金(東1:8511)640-5
安川電(東1:6506)615+2
ガーラ(大ヘ:4777)71100+1100
CCC(東1:4756)777+24
サンウエブ(東1:7993)262+15
大紀アルミ(大1:5702)198+2
GSユアサ(東1:6674)770+15

全般に目立った動きは見当たりません。全体相場が上げ相場だとすれば、NYの24時間取引CMES&Pがしっかりですから活況となるところですが、全体のトレンドが下向きの為、盛り上がりに欠ける展開となっています。
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/07/15 (Wed) 12:24
前引け間際にGSユアサ(東1:6674)の買い付けをしてみたと書きました。短期売買で入りますから三ツ星レストランには掲載しません。ダメだったら人知れず私は撤退を行います。前回短期売買で入ったつもりが持ちとなり、大きな評価損を抱えてしまいました。そのようなことにならないように戦います。あと、相場がこう着状態のためどうしても値動きのある銘柄で売買を入れていかなければならない。こういう風に思っております。
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/07/15 (Wed) 10:58
GSユアサ(東1:6674)765+10
ほんの少し買ってみました。
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/07/15 (Wed) 10:26
日経平均先物、現値9280+30
先程少し弱ぶく場面がありましても総じてしっかり、こうのように書いております。おそらくマイナスに転じても瞬間のことと考えております。かと言って個別株の値動きを見てますと、私と同じ様に戻り売りだろうという感覚で見られているのか、上がることに関して力強さは感じられません。GSユアサを決済しておりますので、ポジションが大きく空いております。どう使ってやろうかと思っておりますが、もう一つ手を出さないでいる状況です。
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/07/15 (Wed) 09:58
日経平均先物、現値9300+50
値動きが静かですからこれからの想像を少し書いてみます。まずNYダウなんですが、8200ドル、つまり下支えしました値段を割り込み先週NY市場に不安が走ったわけですが、日足を見ますとその場面が買い場になるであろう、つまり日足で三段下げを完了したかたちとなるであろう、このようなことを書いていました。チャートの見方と需給の見方の違いだと書き添えていました。そして、強張る動きが日足では発生する、これからもそんな感じではなかろうかと考えられます。さて日本市場ですが7月13日の安値9030、この値段に対してはわかりませんが、その時の後場の寄り付き値9180、これは一番安い寄り付き値なんですが、この値段は破られるかもしれないと考えています。日足を見ますとまだ戻り余地があると考えていますが、週足に目を転じますと9030円という値段は10180の高値から見て二段下げの安値でしかない、つまり、いずれといいますか8月の中旬あたりまでにおいて三段下げを行うのではないか、この様に想像しております。投資方法としてはデイトレでその日のうちに買って転売、問題ないですが遠い将来を見てコツコツと買っていく、こういう投資方法をとるとすれば、もう少し先ではないか?こんな思いであります。ですから買いのポジションはパンパンに持つことはしばらくよそう、ある程度上がったところは何かの銘柄を空売りしてみよう、このように今現在は思っております。ただ更に思うことは7000円安値、高値10000円、半値押しは8500円あたり、こうなりますと買いでの大きなポイントとなるかもしれない。こんな風に思っております。
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/07/15 (Wed) 09:21
GSユアサ(東1:6674)803+48 昨日も解説しましたが800円台、回復となりましたので一安堵しました。釣り人の持ち株もなくなっています。 825円から買い下がりをやったため、頭の痛い状態が続いていましたがキレイになくなりました。上と下を合わせても損切決済であります。さてこれから新たな気持でGSユアサ(東1:6674)をどう見るか?こうなるわけですがしばらく触りたくないという気持です。ここ3日間ホントにおっかない株でありました。
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/07/15 (Wed) 09:08
日経平均先物、現値 9310+60
少しぐらい安くなったとしてもしっかりの展開を想像しています。
マザーズ指数 408.87+5.84
ドル円 93.52

本日の値動きとして気にしているのは、ガーラ(大ヘ:4777)品薄株ですが… 71300+1300。サンウエブ(東1:7993)257 買い気配。GSユアサ(東1:6674)770買い気配。この銘柄は先程解説しましたとおり、私は決済指値を出しております。何とか小さな損で済むこととなります。売れたらまた考えるということになります。
------------------------------------------------------------
桃太郎と釣り人
2009/07/15 (Wed) 08:45
釣: おはようございます
桃: おはようございます
釣: 為替の安定とNYダウぼちぼちで日経平均先物高寄りして来そうです。どんな展開でしょうか?
釣: まず僕が思うことはなんどかNYダウについて話しましたが日足での三段下げが完了していますので上げの流れと思います
桃: 自分は高値もみ合いと思います 上げの空は50なので もう少し上がりますか?
釣: ただ7月は月足で陰線だと考えていますので7月まだ半分ありますが、新高値(10180)を抜くことはないだろう~つまりとりあえず戻り売り方針と思います。
桃: うんうん そう自分も思います。
釣: そして持ち株で引かされている株の手仕舞いを一度やり負けた株はあまり損のないとこでいったん処分。
桃: そうですね 合い切り出来なくても、処理したい気持ちですね。
釣: 例えば770円で買った株いったん700円まで見て頭の痛い状態になったらその株が戻ってきたら・頑張ったかいがあった・・・よしこれから利益だ!こうは絶対に考えないね大きな損が小さくて済んだ・・・負けは負けだから損の内に決済しよう~ぼくはこう考えるね。だからいつも塩漬け株などないんだ・・
桃: はい 自分も早めに 投げられるように 書いていこうと思います
釣: 損を出した後やっぱり上だ!と考えればまた買えばいいだけのことです
釣: そのときは勿論新たな戦いとなります
桃: かっこいー 表現ですね
桃: 頑張ります。
釣: がんばりましょう~
------------------------------------------------------------
■なぎさ
参考にしてください。
釣り人 
2009/07/14 ( Tue ) 17:16:57
釣り人の講演会←クリック

7月20日海の日、東京の渋谷での講演会、まだ席があります。お時間のあられる方はご来場をお待ちしております。内容の濃い良い講演会になると思います。17日金曜日午前中が最終受付となります。
2009/07/13 ( Mon ) 10:12:33
皆様こんにちは。釣り人です。

弊社サイトをいつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
さて、昨年12月より始まりました「石松レポート」でございますが、会員の皆様に大変好評を頂いており、感想のメール等もありがたく拝読しております。

また、非会員さまから募集や問合わせなど、現在まで多数頂きましたが、「レポートのみ閲覧」の会員様の募集を本日付で締め切らせていただく事となりました。
何とぞご了承くださいませ。

また、「デイトレの海」「デイトレの風」「日経平均先物と釣り人」の有料会員様におきましては、今まで通り「石松レポート」をご覧いただけます。
引き続きご利用下さいませ。

釣り人
日経ヴェリタスより 
2009/07/13 ( Mon ) 08:30:28
株の「売る権利」建玉増、目先の弱気映す
10ヵ月ぶり高水準、中長期では株高の声


 株式相場で短期的な先安観が広がってきた。株価指数オプション市場で、プット(売る権利)の建玉が増えているためだ。日経平均株価のプットとコール(買う権利)を売買する「日経225オプション取引」で、プットの総建玉残は増え続け、コールの総建玉残の1.16倍に達した。比率は2008年9月以来の高水準だ。3月からの戻り相場が一服し、目先は弱含むとの見方が背景にあるようだ。
 プットは株価下落の可能性が高いと判断した投資家が買うことで、利益を上げたり、保有株の損失を回避したりする金融派生商品。プット建玉の増加は投資家が先安観の高まりを反映する。プット総建玉残をコール総建玉残で割った「PC建玉残比率」が1倍を超えると、「下落」を見込む投資家が「上昇」を上回ったことを示す。直近では07年7月、日経平均が1万8000円台に上昇する局面で高値警戒感が出て、PC建玉残比率は1.7倍まで上昇した。
 足元でプットの建玉増加が目立つようになったのは、日経平均が1万円を割り込んだ6月16日以降だ。市場で「日経平均の上げが一服し、しばらく9000円台で調整しそうだ」との見方が広がり、PC建玉残比率は1.1倍を超えた。
 景気に対する市場の見方の変化もプット買いを後押ししている。マクロ統計でも「明るさを示し、株高を促すような指標がなかなか出てこない」(立花証券の平野憲一執行役員)との声が出始めた。6月29日に発表された鉱工業生産指数の見通しは、6月の伸び率が3.1%、7月は0.9%と鈍化する。7月2日に発表の6月の米雇用統計は非農業雇用者数の前月比減少幅が拡大し、失望を誘った。このため、「株価下落に備えてプットを仕込む機関投資家が目立ってきた」(国内投資顧問)という。
 プットの建玉残は9500円で多い。「日経平均が9500円を下回れば、プットの売り手が損失拡大をヘッジするために先物を売り、株安が加速しやすい」(中央証券の志村典男・運用業務部長)との指摘もある。
 もっとも、10~12月に満期を迎える建玉の残高はプットよりコールのほうが多い。「年末にかけて企業業績が回復し、株価が上向くとみて、コール買いを入れる投資家も目立つ」(ひまわり証券の堀川秀樹チーフアナリスト)という。オプション投資家は「短期株安、中長期株高」のシナリオを描いているように見える。

■釣り人
 日経ヴェリタスさんの記事をお借りしまして、オプションというものがどういうものなのか少しずつお伝えしていこうかと考えております。先物のページでは桃太郎がオプションの売りと買いを交え300万の保証金で70万の利益を先週末のSQ値で確定させました。合成ポジションを理解しなければいけない商品ですけど、オプションのボラティリティを売ることにより確率の高い投資利回りとなりました。相場には上げ相場と下げ相場そして持合という時が存在します。オプションの売りというものは持合相場において有効な投資手法であったりします。リターンも大きい商品ですがリスクも大きい商品です。少しずつページの方で解説をしていきます。
釣り人 
2009/07/10 ( Fri ) 13:46:32
日経平均先物、現値 9310±0
マザーズ指数 435.32-9.71
ドル円 93.00
CMES&P500 876.40-2.50
上海総合指数-4.48

何かの好材料が出れば先物は上がりやすい需給だと思います。それにつられて空売りの入っている個別材料株、じりじりと上昇していくわけですが、今のところは静かな動きです。がんばれ、先物!根性見せてもらいたいところです。

ダイワボウ(東1:3107)308+16
日証金(東1:8511)661±0
CCC(東1:4756)796-32
北電工(東1:6989)181+10
サンウエブ(東1:7993)266+17
GSユアサ(東1:6674)778-27
この銘柄、前日紹介銘柄とし、5%負けたら負けですと書いていましたが、再度本日後場寄りで買いつけとなっています。後場寄り値は770円。これで負けたら本当に負けです。
桃太郎と釣り人 
2009/07/09 ( Thu ) 10:25:28
釣: ね!上がってきたでしょう~これは為替が93円になってきたからじゃないんだよ・・ちょっとした好材料に反応しやすい需給だったことが原因だよ問題はこれからさ・・
釣: 中国がそろそろ開く・・
桃: そうですね
釣り人 
2009/07/08 ( Wed ) 14:14:10
よく資金ポジションを大事にしなければと書きますが、例えば本日200円の株を2銘柄、1万株ずつ買ったとします。片方は2時40分に210円になっていたとします。そしてもう片方はうまくいかないで190円になっていたとします。私の売買は大引までうまくいかなかった銘柄の方を5000株投げます。つまり損を出すということです。ですから、うまくいかない銘柄は株数がどんどん減っていきます。朝方書きましたとおりにガーラはそのまま持っています。株数を減らすことなく保有している状況であります。今売るかどうかは別問題ですが、いかに塩漬け株を持たないようになるのか、ひとつの方法ではないかと思います。一般の投資家はもちろん、先に利益を確定させ損になっている銘柄を持ち越すことが多いわけです。私は前にも書きましたが今年の前半こそ苦戦しましたが、現在、投資資金は3倍、4倍以上になっています。残念ながら6月の中旬以降あまり増えてはおりません。減らさないようにと頑張っているところであります。そして、来るべき上げ相場に備えているところであります。
釣り人 
2009/07/08 ( Wed ) 09:03:10
日経平均先物、現値9550
前日終値より90円安のところです。まずこの寄り付き値を見て思うことは朝の寄り付き値は先々を考えると、まだ安い場面が存在するであろうということ。先程、桃太郎が9500円を割ったら買いの目で見始めると書いておりましたが、需給を追いかける私としては9500円を割ったからどうのこうのということは全くありません。あくまでも需給が好転することを一点張りで狙う、買いの場合はそうなります。確かに9500円というところは節に見えますが、例えばNYダウ8200ドルの節をなんなく割り込んでおります。下げ相場においての需給の好転とはどうのような状態となった場合なのか?お伝えしていきます。
釣り人 
2009/06/29 ( Mon ) 10:27:39
日経平均先物、現値9910+10
もうすぐで上海が始まりますが、今のところ静かな動きです。強気の評論家で2003年の4月からの上昇、あの形と現在の相場を比較されたりし始めています。私は月足で4ヶ月連続の陽線は難しいだろうと月の下旬思っておりましたが、残る1日ですから400円近く今日明日で下がらないことには陽線が確定します。確かに2003年の4月からの相場、月足で4ヶ月連続高となっています。5ヶ月目更なる上値を取りましたが、さすがにもみあいにその後1月半は入っております。随分懐かしい2003年の4月の話であります。確かその時もドン安値を当てたのではなかろうかという記憶がありますが、まだこのページはスタートしておりませんでした。2004年9月からがデイトレ海へのスタートの月となっております。さて、今月はどうなのか?明日しかありませんから来月はどうなのか?きちんと上がったり下がったりを続けることが出来れば、意外な大相場があるかもしれませんし、そうじゃないかもしれません。とりあえず目先どんどん強含めば利確と空売りに入る場面があるかと思います。現在のところ株の空売りはありません。先物に関しては毎日の短期売買ですから、売ったり買ったり、この様になります。蛇足ですが、2005年の夏からの大相場あれは凄かったです。多くの読者の方が数倍と言わずに何十倍もお金を増やした相場でした。またそんな相場が来ると良いですね。
2009/06/26 ( Fri ) 16:42:10
■お便り内容
件名:釣り人さんへ感謝のメール
コメント:釣り人さんへ
ご丁寧なお返事、有難うございました。
昨日(6/24)の13:24のコメントで「本日の高値付近です。・・・」とおっしゃってましたね。これを読んだ時、なんで高値付近ってわかるんだろうって不思議でなりませんでした。13;51のコメントを読んで納得したしだいでしたが、このように何を根拠にこういう風にかんがえるんだっていう説明は、株下手の私にはとてもうれしいです。
今後も解り易い解説を期待しております。

■釣り人
今日はなぎさがチャートで三角持合を掲載しました。少しずつ色んなことお伝えしていきます。頑張って行きましょう。
釣り人 
2009/06/26 ( Fri ) 13:56:22
釣り人の講演会←クリック

ヘッジファンドの男
リーマンショックの本質を踏まえ・世界経済の現状のマーケットの何が変わったのか?将来どのようなことが起こるのか?
☆ マーケットで大儲けするにはどうすればいいのか?
☆ 株式投資に不可欠なヘッジファンドのルール
本やネットには書いてない。損失=解雇の場で生き残っている人間の手の内の本の一部を公開する。

■釣り人
ザラ場中の忙しいところすみません。海の日の東京講演会のご案内です。まだ席があります。ヘッジファンドに関わっている人物の話を聞くということは、なかなかないことです。現場の声、どんなことをやりどんな目で世界市場を見ているのか、私も興味があります。どうぞご来場お待ちしております。
会員ページより 
2009/06/26 ( Fri ) 10:08:41
桃太郎と釣り人
2009/06/26 (Fri) 08:41
釣: 今日はどうですか?
釣: ぼくは、売りの手仕舞いをしていてよかったんだけど・・・NYダウの寄り付を見て40ドル安だったので失敗したかと・・不安だったけど引けは結果オーライとなった。英国は安かったので途中まで不安でした
桃: おはようございます NYが上昇して 帰ってきてます 少しは昨日 織り込んでいると 思いますが 10000円付けるかどうかですかね
釣: そのへんどう思う?日々の細かな動き短期売買には大事だから~!
釣: ぼくは今日は高寄りの後、高値持合と考えるねつまり寄り付後少し垂れるけどたいしたことなくもみ合い10000円は今日はない。こんなの感じです
桃: 海外の動きは かなり気にするね 後 為替もあたりまえだけど・・
桃: 今日は 売り残の多い銘柄か 低位株かな?
釣: ちょっと質問がきつかったかな?本日先物は高寄りしそうなんだけど、はたして日足は陽線で終わるでしょうか?それとも寄高の陰線でしょうか?
桃: 週末ですから陰線と言いたいですが 陽線だと思います なぜかと言うと 買い気が強いと思うからです
釣: OK今日も頑張りましょう~
桃: よろしく お願いします
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/06/26 (Fri) 09:14
日経平均先物、9840+50

私の予想は前場、昨日の上げの反動で少し安くなる場面もあるかもしれませんが、驚くほどではない。そのあと、こじっかりとした値動きとなる。こんな感じです。ですから、日経平均に連動する大型株が動かなくなれば個別株が物色されるのではなかろうか、そんな風に思っております。

大建工(東1:7905)182-5
サンウエブ(東1:7993)190-2
CCC(東1:4756)827+2
頑張ってもらいたいものだと思っております。
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/06/26 (Fri) 09:51
夏祭りだよ!無料メールで株価一本釣り!?

おはようございます。釣り人です。前回は講演会のご案内をし、銘柄を
お伝えしたのは6月のはじめでした。黒崎(東1:5352)とか東競馬(東1:
9672)、セディナ(東1:8258)の話をしました。全部上手く行っていたと
思います。さて6月、釣り人高値警戒を持っておりましたので、会員ページ
では6月15日の高値を当て、野村証券の空売りを天井で行い、まあまあ
となっております。まだ下ブレ余地があるかもしれませんが、もしかして
大丈夫かもしれない。材料株相場になるかもしれないと考えております。
私が注目している銘柄3銘柄お伝えしておきます。大建工(東1:7905)
現値183-4、サンウエブ(東1:7993)現値192±0、CCC(東1:4756)
現値825±0であります。取れる相場になれば良いのですが。それでは
また連絡致します。

※上記内容でメール配信しましたのでご連絡しておきます。
------------------------------------------------------------
桃太郎 
2009/06/26 (Fri) 09:52
さて サンウエーブも200円付けてきました 順調です 大建工もしっかりです
釣り人 
2009/06/18 ( Thu ) 11:17:41
むか~しむかし、東京の兜町の証券会社に桃太郎という証券マンがいました。そこへ1億円をもったお客さんがやって来て桃太郎と取引することになりました。数年後そのお客さんのお金は何と30億になってしまいました。お金持ちになったお客さんは大喜びで日本各地に大きなお店を出しました。めでたしめでたしのお話です。遠~い昔のお話です。さて、桃太郎7月20日の海の日渋谷に出現します。どんな人物なのか会いに来ませんか?もちろん桃太郎はサポートに徹しただけでそのお客さんに相場を見る目があったということは言うまでもありません。

釣り人の講演会←クリック
釣り人と桃太郎 
2009/06/17 ( Wed ) 16:44:28
釣:さて今日の相場振り返ってどうだい?
桃: 自分なりには 満足です
釣: 今日の朝の寄り付反発すると考えてはいたけど・・・先物は売りの返済をしてドテン買いをいれずに失敗したよ
釣: 昨日の後場強気だったのに更に安く始まったのだから買いで行くべきだったよ
桃: 釣り人さんと違う 予想でしたが 柱が今はあるので 買いけが つよいですね
釣: 株の話しかい?
桃: やはり 柱は GS yuasaですよね ですから 朝に 三洋電機と日本カーボン書きました
釣: そうだね安い時はずいぶんページで書いたけど僕は高値を追いかけるのが苦手だから見ているだけです
釣: 三洋電機は大きくなってきたね
釣: 日本カーボンは材料はなんだったけ?
桃: 自分も GSは 見てるだけで終わってますが そのつど ページではこうなると 書いたつもりです
釣: そうだったね ところで明日からの先物どうよ??
桃: 明日は NYが少しでもたたければ 今の相場は続くな
釣: そうかな~?明日高ければ僕は売りではいるよ・・ まいいや明日会員ページでがんばろう!!
桃: でも まだ 買いけが 強いから もたもたするね
釣:そうなのかな~?
釣り人 
2009/06/16 ( Tue ) 15:55:44
本日はアンケートに答えていただきました読者の方に
会員ページの無料公開を行いました。ご覧になられました会員ページ
いかがでしたでしょうか?
本日大幅安で始まり苦戦も予想されましたが、そこはどのページもいつ
ものように淡々と始まりしっかりとスタッフ一同頑張ったところが見れ
たのではないでしょうか?

デイトレ海へ・・・日経平均の動きをトレンドと日々の動きを予想し続け
         理にかなった銘柄の提案を行います。

デイトレの風・・・どんな時もさわやかの風を読者の方へ与え続けそして
         テクニカルの勉強がしっかりできるページです。

日経平均先物と釣り人・・・
         先物の短期売買とトレンド釣り人あますことなく
         書いています。

 どうぞご入会の検討よろしくお願いします。
       
           バランス株 代表 原徳久
釣り人と桃太郎 
2009/06/15 ( Mon ) 11:00:23
釣り人と桃太郎

6月13日土曜日の私と桃太郎です。桃太郎が東京から遊びに来ましたのでゴルフとなりました。2人とも似通った体型で何となく中年太りです。いつかはスマートな2人ご覧になって頂きたいと思っております。さてスコアは桃太郎が79、シングルプレーヤーであります。私は94、大衆プレーヤーであります。釣り人証券会社歴18年、桃太郎22年、少し古い時代の人物かもしれませんが、株式市場面白おかしく解説していきます。どうぞ皆さんよろしくお願い致します。

桃太郎「誠実をモットーに頑張ります。東京の講演会でお会いできるのを楽しみにしています。」
釣り人 
2009/06/12 ( Fri ) 17:28:05
釣り人の講演会←クリック

東京講演会、まだ席があります。株式会社投資レーダーさんのご好意で参加者の皆さんへ最新号の週足チャートブックが無料で進呈されます。書店で見かける赤い色のチャートブックです。釣り人が何十年来常時使っているチャートですのでチャートブックの見方も解説をさせていただきます。どうやって有望銘柄を発掘しているかということですね。ご来場お待ちします。
釣り人 
2009/06/11 ( Thu ) 09:08:42
NYダウ小動き。為替は98.20安定してます。少し解説します。前日日経平均先物取引は9990円で終わっているわけですが、本日たとえば寄り付きが大幅高の10050円であったとしましょう、ここで大事なことは今朝の寄り付き値では「イルカのジャンプ(下向き)」が出ないということです。つまりいずれ本日の寄り付き値を越える寄り付き値が出現するであろうだから押し目があれば買いポジションをとっていく、このような形であります。寄り付き値が高ければ高いほどその後下がっても押し目買いだろうという感覚を持ちます。それでは最もまずい寄り付き値というのはどういう寄り付き値なのか本日においては昨日の終値9990円より安く寄り付くことでそしてその後買いなおされぐんぐんと上昇する。このパターンになりますとかなり危険な状況が目前に迫っていると感じます。このような考え方は相当勉強をなさっている方でも言っている意味がわからないと思います。どんな本を調べても掲載されておりません。私が独自に計算方法をあみだしているからであります。例えは悪いんですが、海の中で危険な波の1つに「三角波」というものがあります。数ヶ月前もその波によって大きな船が転覆したということが記憶にあるといらっしゃると思います。つまり、上げの最終波というものはひとつの波動を描きやすいものであり、その波の形を発見した、こう思っているわけであります。にわかに信じられない話と思います。過去数十年において天上波をあてる、このことに何人の故人が研究をしたか存じませんが、「天上波」という言葉を使うのはこの日本において私だけではないでしょうか?お伝えしていきます。
重要なお知らせ 
2009/06/10 ( Wed ) 17:12:36
海のメンバーである海兵が7月末をもって退職をすることになりました。海兵は日々の書き込みはもちろんですが、パソコンのデータ処理などで会社を支えていた人物です。丸3年以上私と共に頑張ってくれました。心から残念であります。それでも新たな門出を祝って送り出すことになりました。海のページの書き込みの半分近くを担っていたメンバーです。8月から海兵は登場しませんので会員の皆様ご理解の上更新手続きをお願い致します。そして、新たに入会を考えて頂いている読者の皆さん、海兵は7月いっぱいは書き込みしますので1ヶ月間はご覧になることが可能ですが、8月からは見ることが出来ません。その辺りをご理解の上ご入会お待ちしております。

みなさんこんにちは、海兵です。7月いっぱいまでしっかりと私の売買をお伝えします。それ以降においても釣り人さんや桃太郎さんそしてその他の皆さん、多くのことが書かれていきます。一身上の都合で退職いたしますが、「デイトレ海へ」を宜しくお願い致します。

ご意見お待ちします。 バランス株式会社 原徳久
釣り人 
2009/06/05 ( Fri ) 16:53:05
釣り人の講演会←クリック


夏相場そして秋相場実践に使える内容、そして通常の講演会ではなかなか聞けない株の話。ページでも書きづらい株の話。釣り人と桃太郎昔話を交えて話すと思います。あと、上げ下げの三の法則、先物の5分足で解説をさせてもらいます。きっと面白くて為になる講演会になると思います。ヘッジファンドの生の話聞いてみてください。
会員ページより 
2009/06/04 ( Thu ) 09:02:04
釣り人
2009/06/04 (Thu) 08:59
先日も書いていました通り、日経平均はしばらく調整。ただ、材料株は活躍場面があるであろう。その銘柄を当てて行きたい。こんな内容でした。全般が安寄りしますので切り返す銘柄を探していきます。私は昨日ちょっと買っておりますので、もちろんそうであって欲しいと願っております。
------------------------------------------------------------
釣り人
2009/06/04 (Thu) 08:57
日経平均先物、現在の気配は9640
まず、日足で6月2日の9810が三段上げの頭だったと考えられます。つまり、安寄りした後もしばらくはその値段を抜けない状態となるのではないか?この安寄りが大幅調整に入る前触れだという感じは今のところ持っておりません。昨日書きました通り、休みたがっていた東京市場であった。NYの小幅安で素直に下落から始まる、そんな感じで見ていきます。
釣り人 
2009/06/03 ( Wed ) 13:59:27
日経平均先物、現値9780+70
この辺りが高値だとは思ってはいますが、上がってきますと買ってみようかなという思いが誰でも強くなったりします。もちろん私もそうです。それでも朝買っていますのでさっき書いた洋ゴム(東1:5105)までは止めておきます。

化工機(東1:6331)272+3
大体買値に戻ってきました。なぜこれが良いと思ったかというと、日経平均模様眺めの中でも化学株が総じてしっかりだからです。非鉄金属だということで三井金(東1:5706)や松田産業(東1:7456)を紹介したりした時もありましたが、どの業種に買いが入っているのかどうか?あるいは買いが入るかどうか?そして日経平均がどう動くのか?こんなことを考えながら当たり外れは置いておいて銘柄選択を行って連絡しているつもりであります。押し目のない上昇となりますと一般に売ることなく持ちになっている状態で多くの人が頑張ることとなります。つまり、信用の枠がどんどん無くなって買い持ちばかり。「さて沢山買ったぞ、さあ俺の株よ上がってくれ!」こういう状態に皆々がなれば誰がその後を買うのか?どっかから外人買いとか投信の買いとかいろんなことを想像したりしますが都合の良い想像となったりします。株式投資というのは厄介ですが、そういうことまで考え株価というのは見ていくものだと思います。
お知らせ 
2009/06/02 ( Tue ) 16:08:25
3月の安値から日経平均は2500円以上も上昇しております。上手にそこそこ利益が出たとかあるいはダイナミックな相場で楽しいとかメールを頂いております。さて、バランス株式スクールでチャート教室が行われております。日経平均はあがっているけど私の運用成績はどうして伸びないのだろう?あるいはなかなか出来ないロスカット何を基準にしてやれば良いのだろうか?投資を考える上でいつも付きまとうことであります。これに対し実際に大きなお金を動かし信念に基づき売買を繰り返すデイトレの風のやんちゃ姫を中心とした集中講座釣り人きっと為になると思います。私もなるほどなと思うこと沢山あります。有料ではありますがお時間のあられる方は参加されてみてはいかがでしょうか?釣り人の見方とまた違った見方考えてみるのも良いかもしれません。  釣り人
釣り人 
2009/05/27 ( Wed ) 08:56:51
懸念されたNYダウ大幅反発です。日足を見ますと、5月21日安値8221ドルと5月15日安値8230ドルがダブル底となり大陽線が立った、こんな感じであります。予てからNYダウやナスダック二段下げでしかないということを伝えていました。もう一段の下振れがあるかもしれない。そのことが前日まで、つまり5月22日の安値を付けたことにより調整完了との見方も出来るかもしれないと思っております。ナスダックにおいても同じ様な見方です。さて、NY市場高値を抜けたわけではないですが、東京市場9500円、先物で言いますと5月11日9510円「イルカのジャンプ(下向き)」を出した日の高値を抜けるかどうか注目されます。その時の寄り付き値が9470、現在の気配は9460。果たしていくらで寄ってくるでしょうか?三空リストを見ますと、上げの三空が500銘柄を超えております。これは過熱感を表しますが、昨日から書いています通り日経平均に寄与度の高い大型株は動きがありません。つまり、指数に対する過熱感はさほど持たなくていいだろう、この様に思います。肝心な日経平均先物も本日高寄りしたとしても上げの三空になりません。強気で見る1日となりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。