07<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>09
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/11/05 ( Thu ) 15:48:37
■日経平均      9,717.44(-126.87)
 
■東証1部出来高    19.36億株
 
■日経平均先物    9,700(-120)
 
■TOPIX        874.96(-6.31)
 
■騰落        上昇437/下落1110
 
■日経JQ       1,202.85(-6.35)
 
■ドル円       90.45 

■全市場値上がり率ランキング
 1. RISE(JQ:8836)    8(+5) 
 2.クロニクル(JQ:9822)   4(+1)
 3.日本橋(東1:5912)     277(+54)
 4.山水電(東1:6793)     6(+1)
 5. 武富士(東1:8564)     488(+78)
 6. 桑山(JQ:7889)      330(+50)
 7. 仁丹(東2:4524)      290(+37)
 8.プロミス(東1:8574)    786(+100)
 9.FVキャピ(大ヘ:8462)   15780(+1980)
10. ADワーク(JQ:3250)   17910(+2200)

■全市場値下がり率ランキング
 1.バナーズ(東2:3011)    25(-14)
 2.ユニオンHD(東2:7736)  6(-3)
 3.ラオックス(東2:8202)   130(-50)
 4.三洋電(東1:6764)     172(-44)
 5.IBダイワ(JQ:3587)   4(-1)
 6.マーチャント(大2:3121)  41(-9) 
 7. オートウェブ(JQ:2666)  368(-80)
 8.FonFun(大ヘ:2323)  254(-52)
 9.ダイキサウンド(JQ:3350) 1930(-370)
10.イナリサーチ(JQ:2176)  63000(-10000)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米株式市場がFOMC発表後に軟化したことを受けて、朝方は売り先行でスタートしましたが、先物にまとまった売りが出ると徐々に下げ幅を拡大する動きとなりました。後場はアジア株の下落を受けて上値が重く、下げ幅を更に拡大しましたが、引けにかけてはやや下げ幅を縮小する動きとなり、安値圏もみ合いで取引を終了しました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位はパルプ・紙、医薬品、石油石炭製品。一方、値上がり上位は鉱業、その他金融、銀行となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も反落しました。

■釣り人
 じりじりとした下げが加速度をつけた投げとなったら相場は反転する。大体こんなもんだという感覚を持っています。現在のところ、投げが出たという印象はまだありません。じりじりっと何となく安くなっている・・・まだその段階でしょう。スッキリとした動きとなれば個別株も買いで取りやすくなる。今年一番儲かった時期は殆どの方が3月からではないでしょうか?つまり安くなれば株は買いで取りやすくなると思います。高いところであくせくするから変なことになる。安値を探しに行きましょう!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。