05<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>07
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/11/04 ( Wed ) 15:42:16
■日経平均      9,844.31(+41.36)
 
■東証1部出来高    16.84億株
 
■日経平均先物    9,820(-10)
 
■TOPIX        881.27(+0.73)
 
■騰落        上昇733/下落810
 
■日経JQ       1,209.20(+1.53)
 
■ドル円       90.30 

■全市場値上がり率ランキング
 1. バナーズ(東2:3011)    39(+11) 
 2.ラオックス(東2:8202)   180(+50)
 3.マーチャント(大2:3121)  50(+13)
 4.日本橋(東1:5912)     223(+50)
 5. スカイマーク(東マ:9204)  290(+49)
 6. ハルテック(大1:5916)   100(+16)
 7. ハルテック(東1:5916)   100(+15)
 8.AS・SZKI(JQ:1995) 81(+12)
 9.宮入バ(東2:6495)     52(+7)
10. 森電機(東2:6993)     15(+2)

■全市場値下がり率ランキング
 1.ユニオンHD(東2:7736)  9(-3)
 2.オメガHD(JQ:6819)   7(-2)
 3.中小投資(大ヘ:2318)    133(-32)
 4.山水電(東1:6793)     5(-1)
 5.サハダイヤ(JQ:9898)   6(-1)
 6.シルバ精(東1:6453)    6(-1) 
 7. ニッシン債権(東マ:8426)  2110(-330)
 8.アイフル(東1:8515)    137(-19)
 9.メガネトップ(東1:7541)  1351(-181)
10.常磐開発(JQ:1782)    113(-15)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅反発しました。前日のNYダウの下落を受けて朝方はやや売りが先行し、一巡後は下げ渋る動きとなりました。その後は米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を前に様子見ムードが広がり上値の重い展開が続きましたが、引けにかけてはアジア株の全面高を背景に、上げ幅をじりじりと拡大し大引けを終えました。
 業種別では多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は非鉄金属、パルプ・紙、石油石炭製品。一方、値下がり上位は、証券商品先物、銀行、金属製品となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も反発しました。

■釣り人
 終日小動きでしたからこれといってありません。それでは明日よろしくお願い致します。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。