05<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>07
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/11/02 ( Mon ) 16:06:15
■日経平均      9,802.95(-231.79)
 
■東証1部出来高    18.11億株
 
■日経平均先物    9,830(-180)
 
■TOPIX        880.54(-14.13)
 
■騰落        上昇473/下落1087
 
■日経JQ       1,206.98(-9.96)
 
■ドル円       90.03 

■全市場値上がり率ランキング
 1. バナーズ(東2:3011)     28(+12) 
 2.ラオックス(東2:8202)    130(+30)
 3.JIN(大ヘ:3046)      255(+54)
 4.東邦グローバル(大2:1757)  5(+1)
 5. IBダイワ(JQ:3587)    5(+1)
 6. FonFun(大ヘ:2323)   281(+55)
 7. 武富士(東1:8564)      427(+80)
 8.TLH(HCグロース:3777)  6220(+1000)
 9.スカイマーク(東マ:9204)   241(+38)
10. アイフル(東1:8515)     156(+23)

■全市場値下がり率ランキング
 1.レイテックス(東マ:6672)   76(-15)
 2.COS(JQ:8489)      413(-80)
 3.SEホールデ(JQ:9478)   10240(-1960)
 4.ASTI(東2:6899)     170(-31)
 5.アマテイ(大2:5952)     66(-12)
 6.バーテックス(JQ:9816)   20(-3) 
 7. P&P(JQ:2426)      20400(-3000)
 8.アテクト(JQ:4241)     500(-71)
 9.サイタHD(福証:1999)    64(-9)
10.日本エスコン(JQ:8892)   7140(-1000)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。先週末の米国株安や円高進行を受け、朝方は売り先行でスタートし、一時は前営業日比で下げ幅300円となる場面もありました。その後下げ渋り、後場にはアジア株の堅調な推移や、ノンバンク株の上昇などが下支えとなり下げ幅を縮めましたが、休日前であることから上値は重く、全体的に小動きの展開となりました。
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は空運、ゴム製品、石油石炭製品。一方値上がりしたのは33業種中、その他金融、電気・ガス、食料品の3業種のみとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反落しました。

■釣り人
 大幅安で寄り付いた後、結果的に日経平均先物は100円戻して終わりました。これがもし逆に下に100円下がっていたとすれば、わずか上下100円の違いですが、10月6日の安値9630に肉迫することとなりましたから、相当違った景色になったと考えます。私の考えは午前中書きました考えと変わらないわけですが、同じ事を何度も書いていても何ですから、別のことと言いますと、個別株において売たれ強くなったなと思う銘柄、下げ過程でも出てきております。買う銘柄と売る銘柄上手に判断し、器用に立ち回るということ、これがまたなかなか難しいです。全体が下がると思うけど、この株は買いだ、こういう書き方は僕には難しいです。下がると思えば日経平均より下がる銘柄を探します。上がると思えば、より上がる株を探します。それでは水曜日お会いしましょう。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。