07<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>09
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/10/29 ( Thu ) 15:56:51
■日経平均      9,891.10(-183.95)
 
■東証1部出来高    26.42億株
 
■日経平均先物    9,880(-200)
 
■TOPIX        882.26(-6.54)
 
■騰落        上昇426/下落1162
 
■日経JQ       1,208.90(-6.32)
 
■ドル円       90.35 

■全市場値上がり率ランキング
 1. キムラタン(大1:8107)   4(+1) 
 2.中小投資(大ヘ:2318)    126(+30)
 3.アマテイ(大2:5952)    67(+10)
 4.航空電子(東1:6807)    536(+80)
 5. インスパイアー(大ヘ:2724) 2855(+400)
 6. ホウトク(名2:7973)    108(+15)
 7. アンリツ(東1:6754)    329(+44)
 8.今仙電機(東1:7266)    1190(+156)
 9.プライム(JQ:2684)    17000(+2000)
10. ケーエフシー(大2:3420)  559(+59)

■全市場値下がり率ランキング
 1.新光電工(東1:6967)    1246(-184)
 2.ネットプラ(東マ:3328)   69000(-10000)
 3.21LADY(名セ:3346)  5110(-740)
 4.イントランス(東マ:3237)  9300(-1290)
 5.テンプHD(東1:2181)    750(-100)
 6.ノア(名2:3383)      5300(-700) 
 7. アルファH(JQ:6633)   137(-18)
 8.カネヨウ(大2:3209)    48(-6)
 9.日賃貸(東1:8986)     134200(-16300)
10.サイレックス(JQ:6679)  34300(-4000)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。世界的な株安に加え、円高が進んでいることを受けて朝方は下落でのスタートとなりました。下げ幅は一時200円を超え、約3週間ぶりに節目の1万円を割り込み、売り買いが交錯したこう着感の強い展開となりました。後場はアジア株の下落を受けて9900円前後で小動きを続け安値もみあいとなり大引けを終えました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位はゴム製品、鉱業、ガラス土石製品。一方、値上がり上位は銀行、空運、保険となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も続落しました。

■釣り人
 日経平均先物は10月26日の高値10410から530円もの短期的な値下がりとなりました。個別銘柄で悲壮感が出てるのでしょうか?ちょっと下がって嫌な感じ、この程度ではないかと思います。つまり言いたいことは500円も日経平均が下がれば、かなりまいったなの状況へと個別株、値下がりするものですが、指数だけが上昇していた10月ですから個別株の上昇はあまり見られてませんでしたので、指数が下がったからといって、それほど個人投資家が痛みをこうむるようにはなっていない気がします。NT倍率の高さが昨今言われていましたが値嵩銘柄が軟調に推移していますので全体に通常の状況に戻りつつあるのではないかと考えます。昨日も書きましたけど、指数が下がれば個別銘柄、買いやすくなります。弱気なことを言いながら下がりはじめると強気の目で買い場を探す、いつものことであります。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。