05<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>07
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/10/28 ( Wed ) 15:43:40
■日経平均      10,075.05(-137.41)
 
■東証1部出来高    18.19億株
 
■日経平均先物    10,080(-170)
 
■TOPIX        888.80(-6.68)
 
■騰落        上昇558/下落1008
 
■日経JQ       1,215.22(-6.21)
 
■ドル円       91.19 

■全市場値上がり率ランキング
 1. バナーズ(東2:3011)   13(+4) 
 2.ラオックス(東2:8202)  90(+25)
 3.富士テクニカ(JQ:6476) 175(+37)
 4.ニックス(JQ:4243)   289(+49)
 5. プロパスト(JQ:3236)  6150(+1000)
 6. COS(JQ:8489)    510(+80)
 7. DeNA(東1:2432)   285200(+40000)
 8.アーバネット(JQ:3242) 26000(+3000)
 9.ビズネット(JQ:3381)  86(+9)
10. イキャッシュ(東マ:3840) 19190(+1990)

■全市場値下がり率ランキング
 1.レオパレス(東1:8848)  528(-100)
 2.モリシタ(JQ:3594)   321(-60)
 3.山水電(東1:6793)    6(-1)
 4.サハダイヤ(JQ:9898)  6(-1)
 5.LCP投資(東1:8980)  72800(-10000)
 6.五洋インテ(JQ:7519)  45(-6) 
 7. 八千代工(JQ:7298)   660(-87)
 8.日商インター(JQ:1986) 63(-8)
 9.ウィル不動販(JQ:3241) 31850(-3950)
10.昭和飛(東2:7404)    606(-74)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。朝方は強含む場面もありましたが買いは続かず、一巡後は円高一服などが上値を抑え、じりじりと下値を切り下げる動きとなりました。後場からは総じて値を下げていたアジア株の動向も重しとなり、更に下げ幅を広げ、約2週間ぶりに1万100円を割り込む終値となり、取引を終えました。
 業種別では殆どの銘柄が値下がりしました。値下がり上位は不動産、海運、石油石炭製品。一方、値上がり上位は医薬品、保険、電気・ガスとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も続落しました。

■釣り人
 指数の下げ、例えば先物は170円安、そこそこの値下がり幅ですが上がった株が558、下がった株が1008、2/3の銘柄の下落でしかないということです。個別株の上値は重いわけですが、下がれば買い場が来る、こんな思いを抱きながらゆっくりとつきあうことと致しましょう。指数が安くなれば株は買いやすくなるということです。それでは明日!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。