05<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>07
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/10/06 ( Tue ) 16:02:49
■日経平均      9,691.80(+17.31)
 
■東証1部出来高     20.42億株
 
■日経平均先物    9,680(±0)
 
■TOPIX        871.63(+4.35)
 
■騰落        上昇686/下落877
 
■日経JQ       1,197.28(-1.87)
 
■ドル円       88.87 

■全市場値上がり率ランキング
 1. Sサイエンス(東1:5721)   3(+1) 
 2.アイレックス(JQ:6944)   62(+19)
 3.ノダ(東2:7879)       201(+50)
 4.ユニオンHD(東2:7736)   11(+2)
 5. Oakキャピ(東2:3113)   19(+3)
 6. セントラル開(東2:3238)   264(+41)
 7. すみや(JQ:9939)      76(+11)
 8.FonFun(大ヘ:2323)   220(+30)
 9.フィデアHD(東1:8713)   131(+17)
10. 有楽地(東2:8838)      263(+34)

■全市場値下がり率ランキング
 1.EMCOMHD(JQ:7954)  16(-4)
 2.ステラG(大2:8206)     4(-1)
 3.アビックス(JQ:7836)    5460(-990)
 4.山水電(東1:6793)      6(-1)
 5.シルバ精(東1:6453)     6(-1)
 6.サハダイヤ(JQ:9898)    7(-1) 
 7. アスラポート(大ヘ:3069)   7150(-950)
 8.LCAHD(東2:4798)     8(-1)
 9.ウインテスト(東マ:6721)   24520(-2990)
10.デュオシス(東マ:3742)    6030(-710)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅反発しました。昨晩の米国株高を好感し、朝方は上昇してスタートしましたが、円高警戒感や企業業績不透明感を背景に上値は重く、一時は下げに転じる場面もありました。ただ金融株を中心とした買戻しも入り、大引けにかけては前日比17.31円高まで戻して本日の取引を終了しました。
 業種別では、値上がり上位は不動産、証券商品先物、非鉄金属。一方値下がり上位は空運、倉庫運輸関連、金属製品となりました。、
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は続落しました。

■釣り人
 日経平均先物の終値は9680、微妙な値段であります。買いなのか売りなのか?私自身は迷っております。大事な資金を売りのほうに賭けるのか、或いは買いに賭けるのか?日々選択を迫られます。(のんびりした売買はしていませんから…)下だと考えれば下がる場面の想像をしますし、上がると思えば上昇する時の状態を想像します。さてNYダウ、4日続落の後の昨日の反発、日足で私は二段下げに対する切り返し、つまり戻りの場面だと言っています。反落が始まり、三段下げへ向かうのか?或いは二段下げで上昇波動に転じるのか?注目していくこととなります。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。