08<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>10
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
前引け概況 
2009/09/08 ( Tue ) 14:35:47
■日経平均      10317.19(-3.75)
 
■東証1部出来高     8.55億株
 
■日経平均先物    10320(+10)
 
■TOPIX        941.28(-3.32)
 
■騰落        上昇689/下落782
 
■日経JQ       1241.77(-5.19)
 
■ドル円       92.72 

■全市場値上がり率ランキング
 1. JVCKWHD(東1:6632) 60(+11) 
 2.ピクセラ(東1:6731)    362(+64)
 3.SKジャパン(東1:7608)  359(+58)
 4.ノア(名2:3383)      6780(+980)
 5. セイクレスト(JQ:8900)  575(+80)
 6. 中日鋳(名2:6439)     39(+5)
 7. ナノキャリア(東マ:4571)  24250(+3000)
 8.イマージュ(東1:9947)   223(+24)
 9.新電元(東1:6844)     263(+27)
10. AQインタ(JQ:3838)   56000(+5000)

■全市場値下がり率ランキング
 1.クロニクル(JQ:9822)   3(-1)
 2.RISE(JQ:8836)    3(-1)
 3.フリービット(東マ:3843)  510000(-80000)
 4.エムジホーム(東2:8891)  111100(-16600)
 5.IBダイワ(JQ:3587)   7(-1)
 6.オメガHD(JQ:6819)   7(-1) 
 7. アビックス(JQ:7836)   7250(-900)
 8.テリロジー(JQ:3356)   11100(-1300)
 9.ジャパンDC(東マ:4815)  2155(-225)
10.応用医学(東マ:2123)    1333(-137)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅反落しました。昨晩の米国市場の休場など手掛り材料難の中、朝方は欧州の主要株価指数が上昇したことを手掛りに買い先行でスタートしました。その後前日同様に小動きの展開となりましたが、上海総合指数が下落してスタートしたことを受けて、前引けにかけて下値を切り下げる場面も見られました。
 業種別では、値上がり上位は不動産、その他金融、医薬品。一方値下がり上位は銀行、鉄鋼、輸送用機器となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は、共に反落しました。

■釣り人
 先週末米国の雇用統計を夜に控えて、不安定な状態で先物で10150円という寄り付き値が発生しました。私は相場が強いとすれば、一つの勝負どころであろうと書いたわけですが、8月31日高値10770、9月4日安値10140、半値戻しは10455となります。もしこの値段を近い将来抜け始めましたら、強気の見方が台頭してくるものと考えます。そうならなくて、9月の4日の安値を切り始めたら、それなりの対応をとっていくということです。それでは後場を見ていきます。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。