08<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>10
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/09/04 ( Fri ) 16:00:26
■日経平均      10,187.11(-27.53)
 
■東証1部出来高     19.24億株
 
■日経平均先物    10,190(-10)
 
■TOPIX        935.74(-7.03)
 
■騰落        上昇340/下落1224
 
■日経JQ       1,246.34(-3.06)
 
■ドル円       92.60 

■全市場値上がり率ランキング
 1. OSGコーポ(JQ:6757)  304(+80) 
 2.アビックス(JQ:7836)   6150(+1000)
 3.テリロジー(JQ:3356)   13000(+2000)
 4.ゼクス(東1:8913)     1380(+200)
 5. サンシティ(東1:8910)   2780(+400)
 6. 東邦グローバル(大2:1757) 7(+1)
 7. インネクスト(札証:6660)  13000(+1520)
 8.セキュア(大ヘ:3042)    16590(+1940)
 9.オンキヨー(JQ:6729)   131(+15)
10. バナーズ(東2:3011)    9(+1)

■全市場値下がり率ランキング
 1.日本エスコン(JQ:8892)  9440(-2000)
 2.森電機(東2:6993)     14(-2)
 3.シルバ精(東1:6453)    7(-1)
 4.IBダイワ(JQ:3587)   7(-1)
 5.価値開発(東2:3010)    31(-4)
 6.キャリアデザ(東2:2410)  10590(-1310) 
 7. オリチェン(大2:6380)   74(-9)
 8.健康HD(札証:2928)    8500(-900)
 9.総和地所(JQ:3239)    1960(-190)
10.飛島建(東1:1805)     31(-3)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は昨夜の米国株高に好感し反発してスタートしましたが、買い一巡後は小幅な値動きで推移しました。その後上海総合指数の安寄りを契機にマイナス圏に転じ、一時は10143円まで下げる場面も見られましたが、下値を切り下げる動きは限定的なものでした。今晩の米雇用統計の発表などを控えた様子見ムードから、方向感のない展開に終始し、10187円で本日の取引を終了しました。
 業種別では多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、証券商品先物、鉄鋼、ガラス土石製品。一方値上がり上位は、不動産、石油石炭製品、輸送用機器となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は、共に続落しました。

■釣り人
 今週は月曜日の動きで勝負ありの週だったと考えます。つまり売り方の踏み上げが月曜日の寄り付き直後行われ、10770円を付けた。上げようとする力をその時点で使った為、その後は仕切りなおしとなり、下落の日々が続いた。こんな感じでしょう。先行き不透明感が強い市場となってます。こんな中でも利確ができるようにがんばっていきます。お疲れ様でした。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。