07<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>09
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/08/31 ( Mon ) 15:50:10
■日経平均      10,492.53(-41.61)
 
■東証1部出来高    21.58億株
 
■日経平均先物    10,450(-80)
 
■TOPIX        965.73(-3.58)
 
■騰落        上昇585/下落963
 
■日経JQ       1,254.44(+1.02)
 
■ドル円        

■全市場値上がり率ランキング
 1. コスモスイ(JQ:8844)   94(+30) 
 2.山喜(大2:3598)      208(+50)
 3.明豊エンター(JQ:8927)  187(+33)
 4.日本エスコン(JQ:8892)  6440(+1000)
 5. カイノス(JQ:4556)     663(+100)
 6. セキド(東2:9878)     170(+25)
 7. JCコムサ(JQ:2876)   177(+26)
 8.メディサイエン(HC:2182) 1530(+200)
 9.応用医学(東マ:2123)    1610(+200)
10. シークス(東1:7613)    830(+99)

■全市場値下がり率ランキング
 1.Sサイエンス(東1:5721)  3(-1)
 2.キムラタン(大1:8107)   5(-1)
 3.NowLding(名2:2447)    11200(-1800)
 4.インスパイアー(大ヘ:2724) 5800(-800)
 5.パイオン(JQ:2799)    11000(-1500)
 6.オメガHD(JQ:6819)   8(-1) 
 7. 新日本科学(東マ:2395)   853(-100)
 8.徳倉建(名2:1892)     105(-12)
 9.東福粉(東2:2006)     79(-9)
10.日本インター(東1:6974)  303(-34)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。衆院選での民主党の圧勝や7月の鉱工業生産指数の上昇を背景に朝方は買いが広がり、年初来高値を更新する急伸でのスタートとなりましたが、買い一巡後は円高進行を受けて一気に下げに転じる動きとなりました。後場は中国株安などが重しとなり、軟調な動きとなりましたが、その後は下げ渋り、安値圏もみ合いとなり取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は鉄鋼、輸送用機器、ゴム製品。一方、値上がり上位は鉱業、情報・通信、電気・ガスとなりました。
 TOPIXは反落、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■釣り人
 ちょっと今日の先物の引け味はもう一つです。というのも新高値をとる過程において売り方の買戻しが結構入りました。このことは今日の高値10770を抜くのはちょっと容易ではないぞ…、こんな思いを感じるということです。これから長い間、民主党の政権と株式市場は付き合っていくこととなります。緩やかな右肩上がりを希望しますが機敏な売買、頑張っていきましょう。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。