04<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>06
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
前引け概況 
2009/08/31 ( Mon ) 11:39:53
■日経平均      10,497.19(-36.95)
 
■東証1部出来高    11.06億株
 
■日経平均先物    10,500(-30)
 
■TOPIX        966.09(-3.22)
 
■騰落        上昇674/下落830
 
■日経JQ       1,252.97(-0.45)
 
■ドル円       92.74 

■全市場値上がり率ランキング
 1. 山喜(大2:3598)      208(+50) 
 2.コスモスイ(JQ:8844)   80(+16)
 3.JCコムサ(JQ:2876)   179(+28)
 4.エフワン(大2:8128)    91(+13)
 5. メディサイエン(HC:2182) 1520(+190)
 6. 応用医学(東マ:2123)    1610(+200)
 7. サハダイヤ(JQ:9898)   9(+1)
 8.日本エスコン(JQ:8892)  6100(+660)
 9.インスペック(東マ:6656)  36400(+3900)
10. IMI(JQ:7503)     2435(+240)

■全市場値下がり率ランキング
 1.キムラタン(大1:8107)   5(-1)
 2.NowLding(名2:2447)    11200(-1800)
 3.IBダイワ(JQ:3587)   7(-1)
 4.東邦グローバル(大2:1757) 7(-1)
 5.東福粉(東2:2006)     78(-10)
 6.オメガHD(JQ:6819)   8(-1) 
 7. 新日本科学(東マ:2395)   853(-100)
 8.インテリクス(JQ:8940)  80500(-9300)
 9.徳倉建(名2:1892)     105(-12)
10.アルデプロ(東マ:8925)   1148(-129)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。衆院選での民主党の圧勝や7月の鉱工業生産指数の上昇を背景に買いが広がり、年初来高値を更新する急伸でのスタートとなりました。ただ買い一巡後は円高進行を受けて一気に下げに転じ、引けにかけて伸び悩む展開となり取引を終えました。
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は繊維製品、輸送用機器、ゴム製品。一方、値上がり上位は鉱業、海運、倉庫運輸関連となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も反落しました。

■釣り人
 大きな値動きをなりました。高寄り後も更に買い気旺盛となり10770という値段まで入り、売り方の踏み上げがある程度入りました。それからの大幅な失速、前場の動きだけを見る限り、もう一つの出だしだなという感じがあります。仕切り直しがどんな感じで行われるのか?見ていくこととなります。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。