05<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>>07
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
日経新聞より 
2009/08/20 ( Thu ) 08:29:37
材料株に物色集中
主力株さえず 短期資金向かう
インフル関連、思惑買い

 
 一部の材料株に人気が集中するのは、市場全体に膠着(こうちゃく)感が強まってきたことの裏返しだ。4~6月期決算発表も一巡し、業績を手掛かりにした動きは一服。「個別材料で値動きのよい銘柄に、短期資金が飛びついている」(立花証券の平野憲一執行役員)という。
 もっとも、過熱感への警戒は強い。三洋電のハイブリッド専用電池については「報道された1万台では規模はまだ小さい。競争も激しくなりそうで採算面も不透明」(東海東京調査センターの広瀬治シニアアナリスト)と慎重な声もある。
 またマスク関連では、ダイワボHDとシキボウともに春先以降、工場はフル稼働で生産を続けているが、もともと事業規模が小さい。マスクの単価は低く、ダイワボHDでは「業績への影響は大きくないのではないか」としている。収益の押し上げ効果は限定的なよう。

■釣り人
日経新聞に昨日の大賑わいの三洋電、ダイワボウ、そしてシキボウについて書かれています。単純に読みますと、上がり過ぎではないかという感覚を持ちますが、株というのはいつでも人気で動きます。売るべき場所、買うべき場所を探していくのがテクニカル売買となります。私が昨日ダイワボウに対して大出来高であり上げの三空ということで492円で空売りをしたことを紹介していますが(終値466円)、もうそのあたりの値段を超えていくのは難しいとかそういうことは考えていません。あくまでも要所要所で勝負をしていくこととなります。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。