07<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>09
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
先物のページより 
2009/07/15 ( Wed ) 15:23:45
先程、「シンプル イズベスト」と書きましたが、これにまつわる話でウソのようなホントの話をひとつ…。私こと釣り人は時たま講演会をやったりします。その時の休憩時間に50歳前後の女性の方に声をかけていただきました。何とその方は二十何日間、日々の短期売買で全勝していると私に言います。その時は私はそんなに調子が良くなくて結構悪戦苦闘してましたので「それはスゴイですね」とお伝えし、ホントかな?もし、ホントだったらページで書いてもらいたいものだ…と、真面目にそんなことを考えたりしました。話を聞きますと、様々な指標を組み合わせ毎日戦い、上手くいかないとまた数値を変更して、次の日先物売買に取り組んでみる。こんな日が続いていましたが私のページをある期間見てみて、上がっていたら売ってみる。下がっていたら買ってみる。単純にその繰り返しをやってみたら、思いのほか損をしなくなった。というのです。そしていつの日か利益になる日が多くなりました。釣り人さんありがとうございました。こんな話です。私がお伝えしたいことは目で見てみますと下がってくると買ってみる、或いは上がってきたところは売ってみる。簡単なようで、いざ注文を出してみますとおっかなくて仕方ない。はじめそのような状態になるでしょう。でも、いずれ逆張りというのはどんなものか体に浸透していきます。例えば魚釣りで「ヘラブナ釣り」というものがあります。魚がエサを食べれば浮きが水中に潜る、理屈では誰でもわかるものです。でも、同じ仕掛けで挑んでも上手な人と下手な人では雲泥の差があります。上手な人は3時間で30匹魚を釣りあげます。初心者の人は2匹しか釣れないかもしれません。それほどまでの差が出てきます。つまり理屈というものは頭でわかっていても経験が浅い為、自分には向いていないと思うわけです。少ない金額で何十回も何百回もやってみれば、おのずと経験というものが付いて来ます。釣り人、応援します。雑談でした。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。