09<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>11
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
前引け概況 
2009/07/08 ( Wed ) 11:49:58
■日経平均      9,471.92(-175.87)
 
■東証1部出来高    10.53億株
 
■日経平均先物    9,470(-170)
 
■TOPIX        892.32(-16.81)
 
■騰落        上昇216/下落1400
 
■日経JQ       1202.71(-14.35)
 
■ドル円       94.60 

■全市場値上がり率ランキング
 1. 東邦グローバル(大2:1757) 14(+3) 
 2.アウトソシング(JQ:2427) 61000(+9000)
 3.アジア航(東2:9233)    275(+35)
 4.オーベクス(東2:3583)   109(+12)
 5. ミクシイ(東マ:2121)    658000(+70000)
 6. ファブリカT(大2:3129)  152(+16)
 7. ベルパーク(JQ:9441)   136100(+14100)
 8.日本通信(大ヘ:9424)    18900(+1950)
 9.クリークリバ(大ヘ:4763)  17700(+1800)
10. 住江織(東1:3501)     149(+15)

■全市場値下がり率ランキング
 1.太平製(大2:6342)     134(-36)
 2.クロニクル(JQ:9822)   4(-1)
 3.森電機(東2:6993)     21(-5)
 4.東理HD(東2:5856)    5(-1)
 5.IBダイワ(JQ:3587)   5(-1)
 6.バナーズ(東2:3011)    5(-1) 
 7. メデカJ(JQ:9707)    56(-11)
 8.エムティG(JQ:9820)   118(-23)
 9.マーチャント(大2:3121)  52(-8)
10.光陽社(大2:7946)     60(-9)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米株安と為替の円高に加え、寄り付き前に発表された5月の機械受注の結果が予想を下回ったことを背景に、朝方から売り先行でスタートした後も軟調な推移が続き、節目の9500円を割り込む展開となりました。
 業種別では、殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他金融、非鉄金属、不動産。一方、値上がりは、電気・ガス、海運のみとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も続落しました。

■釣り人
 朝方、先物の動きについてはだいぶん書きました。「私は株を売り買いしてるから先物の動きは関係ないわ。」これは間違った考えです。全体が土砂降り状況となれば上がる株もわずかでしかありませんし、上がろうとする力はおっかなびっくりであります。ところが上げ相場に変化すれば、そこそこのボロ株を買っていても、あまり下がりませんし、上がったりします。つまり、日経平均がどんな風にこれから動いていくのか考えながら、そして個別株に対応していくということです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。