07<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>09
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
米国市場概況(5日) 
2009/06/08 ( Mon ) 08:23:25
■NYダウ
 8763.13 +12.89
■ナスダック
 1849.42 ‐0.60
■CME225(ドル建て)
 9885 +105(大証比)
■CME225(円建て)
 9880 +100(大証比)
■英FT100
 4,438.56 +51.62
■上海総合指数
 2,753.89 -13.35
■ドル円
 98.57

 5日のNY市場はまちまち。ダウが小幅続伸する一方、ナスダックとS&P500は反落した。米雇用統計は、非農業部門雇用者数の減少幅が予想を大きく下回る一方、失業率は上昇する相反的な内容となるなか、最近上昇していた銘柄に利食い売りが出た。
 週足では、ダウが3.1%、ナスダックが4.2%、S&P500が2.3%、それぞれ上昇した。
 5月の非農業部門雇用者数は34万5000人減と、2008年9月以降で最も小幅なマイナスとなり、減少幅は市場予想の52万人減を大幅に下回った。
 一方、失業率は9.4%と前月の8.9%から上昇し、1983年7月以来の水準に達した。
 相場は序盤で上昇し、その後は投資家が雇用統計の内容を消化するなか下げに転じる不安定な動きとなった。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。