09<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>11
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
前引け概況 
2009/06/05 ( Fri ) 11:40:11
■日経平均      9,725.74(+56.78)
 
■東証1部出来高    12.33億株
 
■日経平均先物    9,740(+50)
 
■TOPIX        914.53(+3.54)
 
■騰落        上昇833/下落693
 
■日経JQ       1,127.78(+3.90)
 
■ドル円       96.74 

■全市場値上がり率ランキング
 1. セブンシーズ(東2:3750) 58(+15) 
 2.キムラタン(大1:8107)  4(+1)
 3.田崎真珠(東1:7968)   88(+21)
 4.バーテックス(JQ:9816) 26(+5)
 5. 昭和飛(東2:7404)    479(+80)
 6. ラクーン(東マ:3031)   247000(+40000)
 7. ネクストJ(東マ:2409)  2600(+400)
 8.エンジャパン(大ヘ:4849) 119000(+18000)
 9.宇部マテリア(東2:5390) 218(+32)
10. コスモス(東2:6772)   115(+15)

■全市場値下がり率ランキング
 1.東理HD(東2:5856)   5(-1)
 2.IBダイワ(JQ:3587)  6(-1)
 3.ホロン(JQ:7748)    26550(-4400)
 4.ジーエヌアイ(東マ:2160) 33(-5)
 5.オメガHD(JQ:6819)  7(-1)
 6.ウインテスト(東マ:6721) 29000(-4000) 
 7. JIN(大ヘ:3046)    105(-13)
 8.ワールドIT(JQ:2429) 33100(-4000)
 9.協和コンサル(JQ:9647) 126(-15)
10.研創(JQ:7939)     112(-13)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。昨夜の米国株高や円安を受けて朝方は買い先行でスタートし、一時は上げ幅が100円を超える場面がありました。ただ、積極的に上値を追う勢いは乏しく、買い一巡後はじりじりと上げ幅を縮小する展開となりました。 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は鉱業、石油石炭製品、保険。一方、値下がり上位は海運、パルプ・紙、その他金融となりました。
 TOPIXも反発、日経ジャスダック平均株価は11日続伸しました。

■釣り人
 調整が必要だ、日経平均は休みたがっていると6月2日から2日間書いています。そして、昨日微々たる押しとなっておりますが押しは押しだという言葉を書いております。私の解説はチャートはもちろんですが、チャートの中に存在するどのような需給の動きがあるのか?そういう観点から語っております。需給とは皆が皆買い付いたらどんなに良い株もあがらない。皆が皆駄目だと思って売ったら誰も売る人がいなくなりますから反転する。これが需給です。さて昨日の浅い押しで微々たるものですが需給は緩和されています。この段階で上値取りとなるのか?あるいはまだ休もうとするのか?後場を見ていきます。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。