07<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>09
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/05/25 ( Mon ) 16:09:06
■日経平均      9,347.00(+121.19)
 
■東証1部出来高    20.10億株
 
■日経平均先物    9,340(+110)
 
■TOPIX        883.00(+7.12)
 
■騰落        上昇1200/下落370
 
■日経JQ       1,079.26(+11.69)
 
■ドル円       95.05 

■全市場値上がり率ランキング
 1. Sサイエンス(東1:5721)  3(+1) 
 2.東日カーライフ(東1:8291) 157(+44)
 3.エルミック(東マ:4770)   191(+50)
 4.内外テック(JQ:3374)   135(+35)
 5. ジーエヌアイ(東マ:2160)  25(+5)
 6. クロニクル(JQ:9822)   5(+1)
 7. 有楽地(東2:8838)     190(+37)
 8.やすらぎ(名2:8919)    177(+34)
 9.東カソード(JQ:6868)   224(+42)
10. 指月電(東2:6994)     308(+53)

■全市場値下がり率ランキング
 1.さくらP(札証:8514)    33(-16)
 2.守谷商会(JQ:1798)    100(-46)
 3.ステラG(大2:8206)    6(-2)
 4.シキボウ(東1:3109)    155(-36)
 5.コムシード(名2:3739)   9400(-2000)
 6.ユニオンHD(東2:7736)  24(-5) 
 7. 北日紡(東2:3409)     47(-9)
 8.ダイワボウ(東1:3107)   289(-45)
 9.プラコー(JQ:6347)    61(-9)
10.重松製(JQ:7980)     413(-59)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。先週末の米国株式市場は小幅に下落したものの、国際商品市況の上昇などを背景に朝方は小幅高でスタートし、その後は先物主導で上げ幅を拡大しました。後場には、北朝鮮による核実験の実施や短距離ミサイル発射の報道を受けて伸び悩む場面もありましたが、為替が円安に振れたことで堅調な推移を維持しました。
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は不動産、鉄鋼、建設。一方、値下がり上位は繊維製品、鉱業、ガラス土石製品となりました。
 TOPIXも反発、日経ジャスダック平均株価は大幅続伸しました。

■釣り人
 日経平均が鳴かず飛ばずの昨今、少しずつ買い意欲も出てきているのでしょう。あまり動きが大きくない大型株を尻目に、小型材料株の値幅取りに動く早い資金が活躍しているみたいです。西松建設や五洋建、本日良い引けとなりました。業種がこのような状況ではなかなか絞られませんが、日経平均が上がっていけば余程変な銘柄じゃない限りじりじりと高値を取っていくこととなります。個別株面白い状態が続いていると感じます。海兵が注目している銘柄もかなり値段を飛ばしております。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。