09<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>11
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
2009/05/11 ( Mon ) 08:39:12
◆東証、カルソカンセ株とセシール株の日々公表銘柄指定を解除 8日付。
◆東証、若築建株の信用取引に関する臨時措置を解除 11日売買分から。日証金も同日約定分から貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分にかかる増担保金徴収措置を解除。
◆大証、インター株の制度信用銘柄の選定取り消し 9日付。大証金も同日付で貸借融資銘柄の選定取り消し。

◎監理銘柄に指定=〔東証一部〕NECトーキは8日
▽整理銘柄に指定=〔大証二部〕インターは9日(上場廃止は6月9日)
▽上場廃止=転換社債〔東証〕三協立山(1)、カッパクリエ(1)は22日

【相場表変更】
▽監理銘柄に指定=〔東1〕NECトーキ
▽上場廃止=〔大1・整理〕DIC、大陽日酸、三和HD、オリンパス、マルカキカイ
 〔大2・整理〕Oak
▽整理銘柄に指定=〔大1・監理〕菱ガス化
 〔大証ヘラクレス・監理〕パワーアップ

▼自社株取得枠設定
ビック東海 100万株、11億円
NJK 30万株、9000万円
システム・ロケーション 2万株、1000万円

▼ストックオプション
・オリコン 本体と子会社の取締役と従業員が対象。上限は2000株。
・TDK 本体と子会社の幹部社員、子会社の取締役が対象。上限は11万株。
・ビック東海 本体の取締役と監査役が対象。上限は取締役が8万7000株、監査役が1万3000株。これとは別に本体の従業員、関係会社の取締役が対象。上限は1万3000株。
・TOKAI 本体の取締役と監査役が対象。上限は取締役が30万株、監査役が5万株。これとは別に本体の執行役員と従業員、関係会社の取締役、監査役、従業員および取引先が対象。上限は250万株。
・明星工業 取締役が対象。上限は30万株。これとは別に社外監査役を除く監査役が対象。上限は3万株。
・青山商事 本体と子会社の取締役を兼務しない執行役員と従業員が対象。上限は119万7500株。
・MARUWA 本体の取締役及び監査役、従業員が対象。上限は21万株。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。