07<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>09
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
2009/04/15 ( Wed ) 08:08:01
■NYダウ
 7,920.18 -137.63
■ナスダック
 1,625.72 -27.59
■CME225(ドル建て)
 8,885 +35 (大証比)
■CME225(円建て)
 8,810 -40(大証比)
■英FT100
 3,988.99 +5.28
■上海総合指数
 2,527.181 +13.480
■ドル円
 98.97

 14日のNY市場は下落しました。3月小売売上高が予想外の下落となったことで、朝方から下落して始まりました。また金融大手決算に期待が先行していることを警戒する向きも多い。
 セクター別では、ヘルスケア機器・サービスや自動車・自動車部品が上昇する一方で不動産や銀行が軟調。
 ADRの日本株は富士フイルム、ブリヂストン、コマツ、日電産、パナソニック、ソニー、TDK、京セラ、トヨタ、キヤノン、三井住友など対東証比較(1ドル98.85円換算)で全般軟調。
 なお、インテルが取引終了後に発表した1-3月決算は、売上高が前年同期比26%減の71.5億ドル(予想70.6億ドル)、1株当たり利益(一部項目除く)が11セント(予想3セント)となり、売上高、利益ともに事前予想を上回った。しかし、これまで期待先行の面もあってか、時間外では反動売りに押されている。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。