09<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>11
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
2009/04/08 ( Wed ) 08:09:40
■NYダウ
 7,789.56 -186.29
■ナスダック
 1,561.61 -45.10
■CME225(ドル建て)
 8,800 -60(大証比)
■CME225(円建て)
 8,720 -140(大証比)
■英FT100
 3,930.52 -63.02
■上海総合指数
 2,439.182 +19.404
■ドル円
 100.69

 7日のNY市場は下落しました。第1-3月期決算発表シーズンへと入ることから、主要企業の業績悪化懸念で朝方から下落して始まりました。また、ジョージ・ソロス氏が「過去4週間の米株上昇は強気相場の始まりを意味していない」など、著名投資家が相次いで株式相場の上昇は長続きしないとの見解を示したことも嫌気されました。
 セクター別では、ヘルスケア機器・サービスを除いて全面安となり、特に不動産や自動車・同部品の下落が目立ちました。
 ADRの日本株は富士フイルム、ブリヂストン、コマツ、日電産、パナソニック、シャープ、ソニー、TDK、京セラ、トヨタ、ホンダ、キヤノンなど対東証比較(1ドル100.53円換算)で全般軟調。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。