09<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>11
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
米国市場概況(18日) 
2009/03/19 ( Thu ) 08:08:31
■NYダウ
 7,486.58 +90.88
■ナスダック
 1,491.22 +29.11
■CME225(ドル建て)
 8,065 +145(大証比)
■CME225(円建て)
 7,985 +65(大証比)
■英FT100
 3,804.99 ‐52.11
■上海総合指数
 2,223.725 +5.399
■ドル円
 96.16

 18日のNY市場は上昇しました。FOMC(連邦公開市場委員会)の発表を控えて朝方は小幅な値動きで始まりました。注目のFOMCでは、政策金利は0-0.25%に据え置かれた。住宅ローン担保証券(MBS)の買取り枠拡大と長期国債の買取りを新たに開始することが明らかとなり、積極的な量的緩和が好感され一段高となりました。
 セクター別では、銀行や保険が上昇する一方で食品・飲料・タバコや医薬品・バイオテクノロジーが軟調。
 ADRの日本株は富士フイルム、日電産、富士通、ソニー、TDK、京セラ、ホンダなど対東証比較(1ドル96.17円換算)で全般小じっかり。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。