09<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>11
スポンサーサイト 
--/--/-- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
trackback:--
大引け概況 
2009/10/30 ( Fri ) 15:44:27
■日経平均      10,034.74(+143.64)
 
■東証1部出来高    17.90億株
 
■日経平均先物    10,010(+130)
 
■TOPIX        894.67(+12.41)
 
■騰落        上昇1138/下落401
 
■日経JQ       1,216.94(+8.04)
 
■ドル円       90.91 

■全市場値上がり率ランキング
 1. レイテックス(東マ:6672)  91(+28) 
 2.中小投資(大ヘ:2318)    176(+50)
 3.NISグループ(東1:8571) 38(+9)
 4.バナーズ(東2:3011)    16(+3)
 5. 三ツ知(JQ:3439)     735(+120)
 6. 細田工務(JQ:1906)    160(+25)
 7. アマテイ(大2:5952)    78(+11)
 8.インスパイアー(大ヘ:2724) 3260(+405)
 9.アルゼ(JQ:6425)     1210(+150)
10. 富士PS(大2:1848)    78(+9)

■全市場値下がり率ランキング
 1.キムラタン(大1:8107)    3(-1)
 2.東邦グローバル(大2:1757)  4(-1)
 3.池田泉州(東1:8714)     308(-59)
 4.デンタルハーツ(東マ:3620)  192000(-31000)
 5.池田泉州(大1:8714)     328(-51)
 6.ギガプライ(名セ:3830)    75000(-10000) 
 7. 神鋼商(東1:8075)      152(-19)
 8.オメガHD(JQ:6819)    8(-1)
 9.日本エスコン(JQ:8892)   8140(-1000)
10.テラ(JQ:2191)       1553(-187)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米GDPの改善を好感し米株が急反発したことや円高一服を受けて朝方は買い先行で始まり、1万円の大台を回復する動きとなりました。ただ決算発表前の手控え気分から上値が重く、節目の1万円を挟み、もみあいとなりました。後場はアジア株高を背景に上げ幅を広げるも週末要因から上値追いの動きにはならず、終日伸び悩む展開となり大引けを終えました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位は精密機器、鉄鋼、ゴム製品。一方、値下がりはその他製品、食料品、パルプ・紙のみとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も反発しました。

■釣り人
 10月相場は9月の陰線の後の十字足。行こうか、戻ろうかという迷い足で終わりました。11月相場、上への上げの流れが現れるのか?或いは下への流れが動きだすのか?どちらでもいいからある程度のトレンドを持つ上げ下げであってほしいものと思います。上げ下げに緩慢な10月でした。お疲れ様でした。
スポンサーサイト
前引け概況 
2009/10/30 ( Fri ) 11:38:41
■日経平均      10,015.28(+124.18)
 
■東証1部出来高    8.92億株
 
■日経平均先物    10,020(+140)
 
■TOPIX        891.70(+9.44)
 
■騰落        上昇1112/下落417
 
■日経JQ       1,214.12(+5.22)
 
■ドル円       91.38 

■全市場値上がり率ランキング
 1. レイテックス(東マ:6672)  93(+30) 
 2.NISグループ(東1:8571) 38(+9)
 3.IBダイワ(JQ:3587)   5(+1)
 4.アマテイ(大2:5952)    82(+15)
 5. EMCOMHD(JQ:7954) 13(+2)
 6. ワッツ(JQ:2735)     123500(+16200)
 7. 東理HD(東2:5856)    46(+6)
 8.富士PS(大2:1848)    79(+10)
 9.インスパイアー(大ヘ:2724) 3260(+405)
10. アマガサ(大ヘ:3070)    199000(+23000)

■全市場値下がり率ランキング
 1.キムラタン(大1:8107)   3(-1)
 2.池田泉州(東1:8714)    333(-46)
 3.デンタルハーツ(東マ:3620) 197000(-26000)
 4.日本エスコン(JQ:8892)  8160(-980)
 5.シノケン(JQ:8909)    10800(-1200)
 6.テラ(JQ:2191)      1578(-162) 
 7. 燦キャピタル(大ヘ:2134)  32350(-3150)
 8.ネットワン(東1:7518)   118200(-11300)
 9.石垣食(JQ:2901)     105(-10)
10.浅香工(大2:5962)     85(-8)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米GDPの改善を受けて米株が急反発したことや円高一服を受けて、朝方は買い先行でスタートし、1万円の大台を回復する動きとなりました。ただ、買い一巡後は決算発表前の手控えもあり上値が重く、節目の1万円を挟んでのもみあいとなり、やや伸び悩む展開で取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位は精密機器、ゴム製品、鉄鋼。一方、値下がり上位はその他製品、不動産、倉庫運輸関連となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も反発しました。

■釣り人
 本日は10月最終日であります。先物の月足を見れば月初の寄り付きが10050円だったことが分かります。そして上下に400円程ブレが発生しましたが、終わってみれば月初めの値段と変わらないところとなりそうです。気迷いの10月だったということが読み取れます。今年の3月から6ヶ月間も休むことなく上昇した月足陽線の連続でしたから、月初は9月に続き今月も休んでもよかろう、こう考えておりましたが、海外の株高により日本市場は気迷い足となりました。後場、月末のドレッシング買いというものがあるのか?そして昨日のNYの大幅反発、単なる戻りなのか、どうなのか?考える後場となります。
2009/10/30 ( Fri ) 09:01:26
【29日の相場表変更】
▽上場廃止=[東2・整理]ラディアHD
▽監理銘柄に指定=[ジャスダック]UMCJ

▼自社株取得枠設定(株数、金額は上限)
都築電気 30万株、1億980万円
フェブリナ 1万株、3750万円

▼ストックオプション
サンヨーハウジング名古屋 取締役、執行役員、従業員、完全子会社の取締役と従業員が対象。上限は4000株
2009/10/30 ( Fri ) 08:13:08
■国内 (30日)
9月失業率(8:30/5.6%)
9月有効求人倍率(8:30/0.42)
9月家計調査消費支出(8:30/前年比1.0%)
9月全国消費者物価(8:30/前年比-2.2%)
9月東京消費者物価(8:30/除生鮮・前年比-2.1%)
9月住宅着工戸数(14:00/前年比-37.0%)
9月建設工事受注(14:00)
白川日銀総裁記者会見(15:30)

《決算発表》
日清粉G、キッコーマン、ハウス食品、富士紡HD、日本紙、住友化学、三井化学、武田、エーザイ、第一三共、富士フイルム、新日石、新日鉱HD、浜ゴム、栗田工業、セガサミーHD、東芝、三菱電機、ソニー、京セラ、村田製、日東電工、三菱重工、武蔵精密、豊田合成、HOYA、伊藤忠、丸紅、東京エレク、住友商事、三菱商事、ユニチャーム、H2Oリテ、大和証券、三菱地所、ANA、NTTドコモ、東電、関電、アサヒビール、昭和シェル

■海外 (30日)
米9月個人所得(21:30/0.0%)
米9月個人支出(21:30/-0.5%)
米9月PCEコア・デフレータ(21:30/前月比0.2%)
米7-9月雇用コスト指数(21:30/0.4%)
米10月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/48.5)

《決算発表》
コンステレーション・エナジー・グループ、サイモン・プロパティー・グループ、ITT、アメレン、シェブロン、サン・マイクロシステムズ、プログレス・エナジー、ドミニオン・リソーシズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)
米国市場概況(30日) 
2009/10/30 ( Fri ) 08:10:39
■NYダウ
 9,962.58 +199.89
■ナスダック
 2,097.55 +37.94
■CME225(ドル建て)
 10,050 +170(大証比)
■CME225(円建て)
 10,030 +150(大証比)
■英FT100
 5,137.72 +57.30 
■上海総合指数
 2,960.47 -70.86
■ドル円
 91.46

 29日のNY市場は上昇。7-9月期GDP速報値が年率3.5%増と事前予想を上回り、5四半期ぶりのプラス成長となったことを好感して終日堅調な展開となった。
 セクター別では、保険や不動産を中心に全面高となった。ADRの日本株は任天堂が軟調なほかは、コマツ、日電産、ソニー、京セラ、トヨタ、キヤノン、三菱商、オリックスなど対東証比較(1ドル91.47円換算)で全般堅調。
大引け概況 
2009/10/29 ( Thu ) 15:56:51
■日経平均      9,891.10(-183.95)
 
■東証1部出来高    26.42億株
 
■日経平均先物    9,880(-200)
 
■TOPIX        882.26(-6.54)
 
■騰落        上昇426/下落1162
 
■日経JQ       1,208.90(-6.32)
 
■ドル円       90.35 

■全市場値上がり率ランキング
 1. キムラタン(大1:8107)   4(+1) 
 2.中小投資(大ヘ:2318)    126(+30)
 3.アマテイ(大2:5952)    67(+10)
 4.航空電子(東1:6807)    536(+80)
 5. インスパイアー(大ヘ:2724) 2855(+400)
 6. ホウトク(名2:7973)    108(+15)
 7. アンリツ(東1:6754)    329(+44)
 8.今仙電機(東1:7266)    1190(+156)
 9.プライム(JQ:2684)    17000(+2000)
10. ケーエフシー(大2:3420)  559(+59)

■全市場値下がり率ランキング
 1.新光電工(東1:6967)    1246(-184)
 2.ネットプラ(東マ:3328)   69000(-10000)
 3.21LADY(名セ:3346)  5110(-740)
 4.イントランス(東マ:3237)  9300(-1290)
 5.テンプHD(東1:2181)    750(-100)
 6.ノア(名2:3383)      5300(-700) 
 7. アルファH(JQ:6633)   137(-18)
 8.カネヨウ(大2:3209)    48(-6)
 9.日賃貸(東1:8986)     134200(-16300)
10.サイレックス(JQ:6679)  34300(-4000)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。世界的な株安に加え、円高が進んでいることを受けて朝方は下落でのスタートとなりました。下げ幅は一時200円を超え、約3週間ぶりに節目の1万円を割り込み、売り買いが交錯したこう着感の強い展開となりました。後場はアジア株の下落を受けて9900円前後で小動きを続け安値もみあいとなり大引けを終えました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位はゴム製品、鉱業、ガラス土石製品。一方、値上がり上位は銀行、空運、保険となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も続落しました。

■釣り人
 日経平均先物は10月26日の高値10410から530円もの短期的な値下がりとなりました。個別銘柄で悲壮感が出てるのでしょうか?ちょっと下がって嫌な感じ、この程度ではないかと思います。つまり言いたいことは500円も日経平均が下がれば、かなりまいったなの状況へと個別株、値下がりするものですが、指数だけが上昇していた10月ですから個別株の上昇はあまり見られてませんでしたので、指数が下がったからといって、それほど個人投資家が痛みをこうむるようにはなっていない気がします。NT倍率の高さが昨今言われていましたが値嵩銘柄が軟調に推移していますので全体に通常の状況に戻りつつあるのではないかと考えます。昨日も書きましたけど、指数が下がれば個別銘柄、買いやすくなります。弱気なことを言いながら下がりはじめると強気の目で買い場を探す、いつものことであります。
前引け概況 
2009/10/29 ( Thu ) 11:34:10
■日経平均      9,879.37(-195.68)
 
■東証1部出来高    11.02億株
 
■日経平均先物    9,880(-200)
 
■TOPIX        879.21(-9.59)
 
■騰落        上昇234/下落1353
 
■日経JQ       1,206.59(-8.63)
 
■ドル円       90.39 

■全市場値上がり率ランキング
 1. クロニクル(JQ:9822)   4(+1) 
 2.IBダイワ(JQ:3587)   5(+1)
 3.ユニオンHD(東2:7736)  12(+2)
 4.航空電子(東1:6807)    536(+80)
 5. アマテイ(大2:5952)    66(+9)
 6. アンリツ(東1:6754)    327(+42)
 7. 中小投資(大ヘ:2318)    109(+13)
 8.プライム(JQ:2684)    17000(+2000)
 9.セイクレスト(JQ:8900)  356(+41)
10. マネックスG(東1:8698)  37300(+3850)

■全市場値下がり率ランキング
 1.インスパイアー(大ヘ:2724) 2075(-380)
 2.オートウェブ(JQ:2666)  418(-75)
 3.イントランス(東マ:3237)  9020(-1570)
 4.トラスト・テック(JQ:2145)    90000(-14000)
 5.新光電工(東1:6967)    1240(-190)
 6.NECエレ(東1:6723)   651(-99) 
 7. ネットプラ(東マ:3328)   69600(-9400)
 8.ターボリナ(大ヘ:3777)   5120(-680)
 9.サイレックス(JQ:6679)  34300(-4000)
10.仙波糖化(JQ:2916)    310(-35)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。世界的な株安に加え、円高が進んでいることを受けて大幅に下落してのスタートとなりました。売り一巡後は銀行株を支えに戻りを試す動きもみられましたが、引けにかけては再び売りに押され上値の重い展開となりました。
 業種別では殆どの銘柄が値下がりしました。値下がり上位はゴム製品、石油石炭製品、非鉄金属。一方、値上がり上位は空運、銀行、保険となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も続落しました。

■釣り人
 NYダウもそうなんですが新興国の下落も気になる動きとなってきました。不確実な状況の中で運用益を求める、買い一辺倒ではなく売りも行い、絶対収益を追求していく。口で言うほど簡単なことではないですが、そのような意識を持って向かっています。それでは後場頑張りましょう!
2009/10/29 ( Thu ) 08:57:09
◆日証金、東和フード株とベルパーク株の注意喚起取り消し 貸株利用などで。28日付。

◆日証金、アコム株の貸借取引で申込停止措置 制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う申し込みで。弁済繰り延べ期限が来た買いの現引きを除く。29日約定分から。

◎監理銘柄に指定=[ジャスダック]UMCJは28日

【28日の相場表変更】
▽監理銘柄に指定=[大1]アイシン

▼自社株取得枠設定(株数、金額は上限)
フュージョンパートナー 2500株、3000万円
ビジネストラスト 1000株、1億円
エフ・シー・シー 145万株、22億8375万円
メディア工房 特定株主から2000株、1億2000万円
東邦ガス 700万株、30億円

▼立会外分売
テクノアルファ 29日に17万9888円で550株
大幸薬品 29日に3393円で29万5400株
2009/10/29 ( Thu ) 08:13:17
■国内 (29日)
9月鉱工業生産(8:50/前月比1.0%)
9月企業向けサービス価格指数(8:50/前年比-3.4%)
9月自動車生産(13:00)

《株主総会》
フルスピード、日駐、山王、アイル、アトラス

《決算発表》
住石HD、NSSOL、JT、協和キリン、積水化学、田辺三菱、テルモ、コニカミノルタ、資生堂、新日鉄、住友金属、神戸鋼、住友鉱山、コマツ、日立、オムロン、NEC、エプソン、シャープ、TDK、三洋電機、佐世保重工、三菱自、マツダ、任天堂、SBIHD、オリコ、三井不、小田急、京王、ヤマトHD、NTTデータ、ソフトバンク

■海外 (29日)
APEC財務相会合(シンガポール~30日)
EU首脳会合(ベルギー・ブリュッセル~30日)
ニュージーランド中央銀行金融政策決定会合
米7-9月GDP(21:30/前期比年率3.2%)
米7-9月個人消費(21:30/3.1%)
米7-9月GDP価格指数(21:30/前期比1.3%)
米新規失業保険申請件数(21:30/52.5万)

《決算発表》
CMEグループ、ボール、アパッチ、DTEエナジー、エクソンモービル、アメリカン・エレクトリック・パワー、コルゲート・パルモリブ、マカフィー、パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)
米国市場概況(29日) 
2009/10/29 ( Thu ) 08:10:25
■NYダウ
 9,762.69 -119.48
■ナスダック
 2,059.61 -56.48
■CME225(ドル建て)
 9,895 -185(大証比)
■CME225(円建て)
 9,880 -200(大証比)
■英FT100
 5,080.42 -120.55
■上海総合指数
 3,031.33 +9.87
■ドル円
 90.75

 28日のNY市場は下落。9月新築住宅販売が予想外の減少となったことが嫌気されたほか、明日の7-9月期GDP速報値の発表を前にポジション調整の動きが強まった。また、投資信託の決算期となることから、税金対策の売り圧力も続いている。セクター別では、電気通信サービスを除いて全面安となっており、特に自動車・自動車部品や不動産が軟調。ADRの日本株はブリヂストン、コマツ、パナソニック、京セラ、キヤノン、トヨタ、三菱商、オリックスなど対東証比較(1ドル90.66円換算)で全般軟調。
大引け概況 
2009/10/28 ( Wed ) 15:43:40
■日経平均      10,075.05(-137.41)
 
■東証1部出来高    18.19億株
 
■日経平均先物    10,080(-170)
 
■TOPIX        888.80(-6.68)
 
■騰落        上昇558/下落1008
 
■日経JQ       1,215.22(-6.21)
 
■ドル円       91.19 

■全市場値上がり率ランキング
 1. バナーズ(東2:3011)   13(+4) 
 2.ラオックス(東2:8202)  90(+25)
 3.富士テクニカ(JQ:6476) 175(+37)
 4.ニックス(JQ:4243)   289(+49)
 5. プロパスト(JQ:3236)  6150(+1000)
 6. COS(JQ:8489)    510(+80)
 7. DeNA(東1:2432)   285200(+40000)
 8.アーバネット(JQ:3242) 26000(+3000)
 9.ビズネット(JQ:3381)  86(+9)
10. イキャッシュ(東マ:3840) 19190(+1990)

■全市場値下がり率ランキング
 1.レオパレス(東1:8848)  528(-100)
 2.モリシタ(JQ:3594)   321(-60)
 3.山水電(東1:6793)    6(-1)
 4.サハダイヤ(JQ:9898)  6(-1)
 5.LCP投資(東1:8980)  72800(-10000)
 6.五洋インテ(JQ:7519)  45(-6) 
 7. 八千代工(JQ:7298)   660(-87)
 8.日商インター(JQ:1986) 63(-8)
 9.ウィル不動販(JQ:3241) 31850(-3950)
10.昭和飛(東2:7404)    606(-74)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。朝方は強含む場面もありましたが買いは続かず、一巡後は円高一服などが上値を抑え、じりじりと下値を切り下げる動きとなりました。後場からは総じて値を下げていたアジア株の動向も重しとなり、更に下げ幅を広げ、約2週間ぶりに1万100円を割り込む終値となり、取引を終えました。
 業種別では殆どの銘柄が値下がりしました。値下がり上位は不動産、海運、石油石炭製品。一方、値上がり上位は医薬品、保険、電気・ガスとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も続落しました。

■釣り人
 指数の下げ、例えば先物は170円安、そこそこの値下がり幅ですが上がった株が558、下がった株が1008、2/3の銘柄の下落でしかないということです。個別株の上値は重いわけですが、下がれば買い場が来る、こんな思いを抱きながらゆっくりとつきあうことと致しましょう。指数が安くなれば株は買いやすくなるということです。それでは明日!
前引け概況 
2009/10/28 ( Wed ) 11:34:23
■日経平均      10,144.55(-67.91)
 
■東証1部出来高    8.17億株
 
■日経平均先物    10,150(-100)
 
■TOPIX        893.24(-2.24)
 
■騰落        上昇619/下落926
 
■日経JQ       1,217.69(-3.74)
 
■ドル円       91.35 

■全市場値上がり率ランキング
 1. バナーズ(東2:3011)   13(+4) 
 2.キムラタン(大1:8107)  4(+1)
 3.IBダイワ(JQ:3587)  5(+1)
 4.COS(JQ:8489)    496(+66)
 5. JIN(大ヘ:3046)    240(+31)
 6. アーバネット(JQ:3242) 26000(+3000)
 7. メディアリン(JQ:6659) 25980(+2980)
 8.DeNA(東1:2432)   276400(+31200)
 9.プロパスト(JQ:3236)  5790(+640)
10. ニックス(JQ:4243)   269(+29)

■全市場値下がり率ランキング
 1.レオパレス(東1:8848)  531(-97)
 2.アドエンジ(JQ:6260)  294(-51)
 3.山水電(東1:6793)    6(-1)
 4.サハダイヤ(JQ:9898)  6(-1)
 5.日商インター(JQ:1986) 61(-10)
 6.LCP投資(東1:8980)  72900(-9900) 
 7. ムラキ(JQ:7477)    46(-6)
 8.ウィル不動販(JQ:3241) 31850(-3950)
 9.フォーバル(JQ:8275)  188(-23)
10.八千代工(JQ:7298)   666(-81)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は強含む場面もありましたが買いは続かず、一巡後は円高一服などが上値を抑える要因となり、全体的に買い手控えムードが強く、じりじりと下値を切り下げ軟調な推移となり取引を終えました。
 業種別では多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は海運、不動産、石油石炭製品。一方、値上がり上位は医薬品、輸送用機器、証券商品先物となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も続落しました。

■釣り人
 NY株やナスダックの動き、何となく警戒ではなかろうか?こんな思いが大きなお金を運用しているファンドなんかでも出てきているのかもしれません。今月も残すところあと2日半。10月相場は私にとってはもう一つで終わりそうですが、11月相場に備えて、あれやこれやと考えていくこととなります。
2009/10/28 ( Wed ) 08:53:54
◆東証、エコーTD株を貸借銘柄に選定 11月4日売買分から。日証金も同日約定分から貸借銘柄に追加。

◆ジャスダック、和田興産株を貸借銘柄に選定 11月4日売買分から。日証金も同日約定分から貸借銘柄に追加。

◎監理銘柄に指定=[大証1部]アイシンは28日。

【27日の相場表変更】
▽上場廃止=[東1]日本セラテク

▼自社株取得枠設定(株数、金額は上限)
KG情報 6万株、1800万円

▼ストックオプション
デュオシステムズ 社外取締役を除く取締役が対象。上限は400株。これとは別に社外取締役を除く取締役と従業員を対象に上限は2200株。

▼立会外分売
ワイズテーブルコーポレーション 28日に10万6215円で1300株

▼1単元の株式数変更
銚子丸 11月16日付で10株から100株
2009/10/28 ( Wed ) 08:07:51
■国内 (28日)
鳩山首相が公邸に引越し
9月商業販売統計(8:50)
中小企業月次景況観測(14:00)
9月自動車各社の生産実績

《株主総会》
大盛工業、プラネット、ネクストHD、ファーマフーズ、MPHD、ビットアイル、ウインテスト、アルチザ

《決算発表》
日清食品HD、グンゼ、JFE商事HD、サミーネット、住友精化、邦チタ、島精機、富士通、クラリオン、アドバンテスト、スタンレー電気、ファナック、日野自、野村HD、みずほインベ、JR東日本、JR西日本、JR東海、東ガス、大ガス、邦ガス、日立情報

■海外 (28日)
MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米9月耐久財受注(21:00/1.0%)
米9月新築住宅販売件数(23:00/44万・前月比2.6%)

《決算発表》
プラクセアー、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー、ウェルポイント、サザン、フローサーブ、トーチマーク、ファーストソーラー、アバロンベイ・コミュニティーズ、アシュラント、アフラック、シマンテック、ゼネラル・ダイナミックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)
米国市場概況(28日) 
2009/10/28 ( Wed ) 08:05:22
■NYダウ
 9,882.17 +14.21
■ナスダック
 2,116.09 -25.76
■CME225(ドル建て)
 10,160 -90(大証比)
■CME225(円建て)
 10,150 -100(大証比)
■英FT100
 5,200.97 +9.23
■上海総合指数
 3,021.46 -88.11
■ドル円
 91.75

 27日のNY市場はまちまち。原油価格の上昇や一部企業の決算が好感される一方で、米国債2年物の入札結果が予想以上に好調だったことでリスク回避の傾向が強まっているとの見方が強まったほか、10月消費者信頼感指数が予想外の低下となったことが上値を抑えた。
 セクター別では、エネルギーや電気通信サービスが上昇する一方で自動車・自動車部品が軟調。ADRの日本株はトヨタ、ホンダが堅調なほかは、花王、日電産、ソニー、京セラ、ニコン、キヤノンなど対東証比較(1ドル91.77円換算)で全般軟調。
大引け概況 
2009/10/27 ( Tue ) 15:51:45
■日経平均      10,212.46(-150.16)
 
■東証1部出来高     19.18億株
 
■日経平均先物    10,250(-120)
 
■TOPIX        895.48(-15.24)
 
■騰落        上昇251/下落1345
 
■日経JQ       1,221.49(-4.15)
 
■ドル円       92.08 

■全市場値上がり率ランキング
 1. ステラG(大2:8206)     5(+1) 
 2.COS(JQ:8489)      430(+79)
 3.JIN(大ヘ:3046)      209(+35)
 4.サハダイヤ(JQ:9898)    7(+1)
 5. RHトラベラー(JQ:9838)  154(+21)
 6. 日本光電(東1:6849)     1507(+183)
 7. 神島化(大2:4026)      285(+32)
 8.ジー・モード(JQ:2333)   17860(+2000)
 9.ウィル不動販(JQ:3241)   35800(+4000)
10. プラネックス(JQ:6784)   36900(+4000)

■全市場値下がり率ランキング
 1.キムラタン(大1:8107)    3(-1)
 2.IBダイワ(JQ:3587)    4(-1)
 3.アドエンジ(JQ:6260)    345(-80)
 4.RHインシグノ(札証:8514)  64(-10)
 5.テリロジー(JQ:3356)    10400(-1570)
 6.アテクト(JQ:4241)     540(-79) 
 7. 免疫研究所(大ヘ:4570)    1745(-255)
 8.アドバンテ(大ヘ:8769)    5250(-750)
 9.サトウ食品(東2:2923)    1261(-173)
10.バルク(名2:2467)      5450(-700)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。朝方は昨晩の米国株式市場の続落を受けて売り先行でスタートしました。前場ではアジア株安による追い風から、一巡後更に下値を切り下げ、一時下げ幅160円を超える場面もみられました。後場にかけては、国内企業の決算発表が相次ぐ中の様子見ムードから、安値圏での停滞が続く展開となりました。
 業種別では、殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は卸売、その他金融、不動産。一方値上がりしたのは33業種中水産・農林の1業種となりました。
 TOPIXは反落、日経ジャスダック平均株価は続落しました。

■釣り人
 本日はこれといってありません。明日がんばります。
前引け概況 
2009/10/27 ( Tue ) 11:38:10
■日経平均      10,210.85(-151.77)
 
■東証1部出来高     9.22億株
 
■日経平均先物    10,210(-150)
 
■TOPIX        893.35(-17.37)
 
■騰落        上昇120/下落1516
 
■日経JQ       1,222.21(-3.43)
 
■ドル円       92.03 

■全市場値上がり率ランキング
 1. ステラG(大2:8206)     5(+1) 
 2.RHトラベラー(JQ:9838)  154(+21)
 3.LCAHD(東2:4798)     8(+1)
 4.日本光電(東1:6849)     1491(+167)
 5. ウィル不動販(JQ:3241)   35800(+4000)
 6. COS(JQ:8489)      392(+41)
 7. コスモスイ(JQ:8844)    58(+6)
 8.オメガHD(JQ:6819)    10(+1)
 9.神島化(大2:4026)      279(+26)
10. 仙波糖化(JQ:2916)     345(+30)

■全市場値下がり率ランキング
 1.アドエンジ(JQ:6260)    351(-74)
 2.テリロジー(JQ:3356)    10000(-1970)
 3.山水電(東1:6793)      6(-1)
 4.免疫研究所(大ヘ:4570)    1717(-283)
 5.RHインシグノ(札証:8514)  64(-10)
 6.アドバンテ(大ヘ:8769)    5200(-800) 
 7. サトウ食品(東2:2923)    1259(-175)
 8.バルク(名2:2467)      5400(-750)
 9.アテクト(JQ:4241)     545(-74)
10.ニッコー(名2:5343)     196(-25)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。昨晩の米国株式市場の続落を受け、朝方は売り先行でスタートしました。その後も上海などアジア株安を背景に更に下値を切り下げ、一時下げ幅160円を超える場面もありました。
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は不動産、卸売、保険。一方値上がりしたのは33業種中、水産・農林の1業種のみとなりました。
 TOPIXは反落、日経ジャスダック平均株価は続落しました。

■釣り人
 さすがにNYダウの2日連続安では買いの手もひっこんでいるのでしょうか?昨日の動きはちょっとしたやる気が見えた市場でしたが、無気力感に覆われた前場でした。それでは後場を見てみます。
2009/10/27 ( Tue ) 08:40:00
◆大証、塩見HD株の信用取引で臨時措置 委託保証金率を27日売買分から、現行30%以上を50%以上(うち現金20%以上)に。大証金も貸借取引自己取引分などの銘柄別増担保金徴収率を現行30%から50%(うち現金20%)に。

【26日の相場表変更】
▽監理銘柄に指定=[東証マザーズ]アルデプロ
2009/10/27 ( Tue ) 08:15:53
■国内 (27日)
閣議
政府税制調査会(13:00)

《株主総会》
中小投資、メディアシーク、DR.シーラボ、総合商研、明豊エンター、ウエスコ

《決算発表》
三井ホーム、日立プラント、DENA、ニチレイ、日本精化、花王、オービック、ヤフー、OBC、日立金属、日立建機、富士通ゼネラル、パナ電工、日本車輌、ホンダ、京都友禅、リコー、日本郵船、商船三井、川崎汽船、日立ソフト、中外製薬、キヤノン

■海外 (27日)
香港9月貿易統計
米8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数(22:00/前年比-11.90%)
米10月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00/53.5)
ABC消費者信頼感指数(28日6:00)

《決算発表》
FPLグループ、スキャナ、ホスピラ、L3コミュニケーションズ・ホールディングズ、フランクリン・リソーシズ、アポロ・グループ、ボストン・プロパティーズ、ウォーターズ、ディブライ、ファーストエナジー、フィサーブ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

米国市場概況(26日) 
2009/10/27 ( Tue ) 08:07:52
■NYダウ
 9867.96 -104.22
■ナスダック
 2,141.85 -12.62
■CME225(ドル建て)
 10,260 -100(大証比)
■CME225(円建て)
 10,245 -115(大証比)
■英FT100
 5,191.74 -50.83 
■上海総合指数
 3,109.57 +1.72
■ドル円
 92.22

 26日のNY市場は下落。上昇して始まったものの、新規住宅購入の補助金制度の延長について、規模を縮小しながら終了する案が検討されていることが報じられると、銀行や住宅セクターを中心に下落に転じた。原油や貴金属など、商品相場も軟調推移となった。
 セクター別では、小売やソフトウェアが上昇する一方で銀行や保険が軟調。ADRの日本株は、日電産が堅調なほかは、ブリヂストン、シャープ、ソニー、京セラ、ホンダ、キヤノン、任天堂、オリックスなど対東証比較(1ドル92.22円換算)で全般軟調。
大引け概況 
2009/10/26 ( Mon ) 15:49:59
■日経平均      10,362.62(+79.63)
 
■東証1部出来高     17.30億株
 
■日経平均先物    10,360(+70)
 
■TOPIX        910.72(+8.69)
 
■騰落        上昇1201/下落382
 
■日経JQ       1,225.64(-0.23)
 
■ドル円       91.88 

■全市場値上がり率ランキング
 1. シンクレイヤ(JQ:1724)  286(+90) 
 2.テリロジー(JQ:3356)   11970(+1970)
 3.カービュー(東マ:2155)   124000(+20000)
 4.フコク(東1:5185)     647(+95)
 5. 山水電(東1:6793)     7(+1)
 6. 弘電社(東2:1948)     219(+29)
 7. 日合成(東1:4201)     659(+83)
 8.松屋(東1:8237)      803(+100)
 9.RHインシグノ(札証:8514) 74(+9)
10. MURO(JQ:7264)    472(+57)

■全市場値下がり率ランキング
 1.ステラG(大2:8206)    4(-1)
 2.NESTAGE(JQ:7633) 4(-1)
 3.プロパスト(JQ:3236)   5400(-1000)
 4.日立ハイテク(東1:8036)  1589(-257)
 5.オートウェブ(JQ:2666)  550(-89)
 6.有沢製(東1:5208)     634(-100) 
 7. 天竜木(名2:7904)     48(-7)
 8.千代建(東1:6366)     694(-100)
 9.DDS(東マ:3782)     10320(-1480)
10.大水(大証2:7538)     210(-30)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は先週末の米国株安を受けて売り先行でスタートしましたが、円安を背景に輸出関連株に買いが集まり、上げ幅を拡大。前引け前には上げ幅100円を越す場面もみられました。後場からは上げ幅を縮小する場面もあったものの、大引けにかけては本日の高値圏まで戻して取引を終了しました。
 業種別では多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、輸送用機器、陸運、機械。一方値下がり上位は、パルプ・紙、鉄鋼、鉱業となりました。
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は反落しました。

■釣り人
 本日の相場、前日のNY安にも関わらずしっかりで終わりました。しかも直近高値を抜く場面もありました。いつもは先物がちょっとぐらい上がっても現物株が無反応なため、市場に手詰まり感が漂う、こんな展開が多いんですが、本日においては為替の安定もありまして、最後までしっかりだったなという印象でした。それでは明日どんな風が吹くのか見ていきます。
釣り人 
2009/10/26 ( Mon ) 11:47:07
紋次郎は朝の文章と時たまザラ場中の解説であります。問題はお里の短期売買。現在はお里が風のページに書き込んだ後海のページに転写を行っています。11月に入りますと直接お里は書き込みますから時間的ロスはないですが、今週いっぱいはタイムラグが発生する可能性があります。それと、朝のNY動向や原油先物動向。海と風とダブっている部分が沢山ありますのでそのあたりを調整していく週となります。どの程度メール送信をするべきなのか?いくらでもしても良いのですが、受け手であるお客様にとって多すぎる状況というのはどんなものだろうかという考えであります。ページの構成が少しざわつくと思いますが、今週いっぱいご勘弁お願い致します。
前引け概況 
2009/10/26 ( Mon ) 11:41:46
■日経平均      10,382.89(+99.90)
 
■東証1部出来高     8.84億株
 
■日経平均先物    10,380(+90)
 
■TOPIX        913.29(+11.26)
 
■騰落        上昇1263/下落306
 
■日経JQ       1,224.96(-0.91)
 
■ドル円       91.74 

■全市場値上がり率ランキング
 1. シンクレイヤ(JQ:1724)  286(+90) 
 2.DWTI(JQ:4576)    467(+72)
 3.フコク(東1:5185)     647(+95)
 4.山水電(東1:6793)     7(+1)
 5. シルバ精(東1:6453)    7(+1)
 6. 弘電社(東2:1948)     219(+29)
 7. 日通(東1:9062)      398(+52)
 8.五洋インテ(JQ:7519)   55(+7)
 9.ミナトエレ(JQ:6862)   79(+10)
10. LCAHD(東2:4798)    8(+1)

■全市場値下がり率ランキング
 1.NESTAGE(JQ:7633) 4(-1)
 2.ステラG(大2:8206)    4(-1)
 3.日立ハイテク(東1:8036)  1602(-244)
 4.アークコア(名証セ:3384)  10500(-1580)
 5.イーシステム(大ヘ:4322)  9520(-1430)
 6.有沢製(東1:5208)     641(-93) 
 7. 千代建(東1:6366)     694(-100)
 8.大水(大証2:7538)     210(-30)
 9.ウィルソン(JQ:9610)   210(-29)
10.ソマール(東2:8152)    215(-28)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は先週末の米国株安を受けて売り先行でスタートしましたが、円安を背景に輸出関連株に買いが集まり、銀行・証券の金融株も買い戻されたことで、次第に上値を広げ、一時上げ幅が100円を超す場面も見られました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位は陸運、輸送用機器、機械。一方値下がりしたのは33業種中、パルプ・紙と鉱業の2業種のみとなりました。
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は反落しました。

■釣り人
ずっと警戒を書いていた私がこういうことを言うのは何ですが、本日安寄りした後の大幅反発、動きが出てきて良かったなという思いでいます。上げ下げを当てて収益獲得を目指す。上げでも下げでも結構です。市場参加者が増え、流動性が増して、意外高あるいは意外な下げどちらでもいいですから、面白い相場、希望するものであります。
会員ページより 
2009/10/26 ( Mon ) 11:37:50
------------------------------------------------------------

釣り人
2009/10/26 (Mon) 08:24
正式には11月からなんですが、風のページから紋次郎とお里が参加してくれます。紋次郎は古くからの友人でゴルフ仲間であります。簡単に私の方から人物像をお話します。まず大量の売買を日々繰り返している人物であります。300円や500円の株、平気で何十万株の売買を入れます。ですから大型株中心の短期売買が基本的なスタンスです。紋次郎が今まで一番儲かったのは、去年の暴落であります。多くの方が暴落により大変なことだと考えている中、大量の空売りを持続し、億を超える利益を手にしています。男気がある楽しい友達であります。

お里は短期売買により読者のみなさまを楽しませてくれると思います。性格も可愛くてきっと和む内容を書いてくれると思います。もちろん実績も伴っていきます。去年の暴落もぜんぜん平気だったと言いますし、毎月利益が積み重なっていく売買手法をみなさんに感じて頂けるかと思います。

それではよろしくお願い致します。強烈に海のページはパワーアップすることとなります。


------------------------------------------------------------
紋次郎
2009/10/26 (Mon) 08:18
理由

株は、上がるにせよ、下がるにせよ理由がある。
そして日本株に今何が起きているのかを理解しなくては大きい流れに逆らっては負けるのです。
そこでだ、まず今、日本株は持ち合い解消売りが少なからず起きている。持ち合い解消で国内金融法人などは株式を売却している。本来なら先物でヘッジするが現状は現物を売っている。そう売ることによりキャッシュが産まれ、そのキャッシュは値嵩株や国際優良株に向かっている現実を忘れてはならない。
そして、持ち合い解消売りの買い手が個人投資家と外国人。この持ち合い解消は何故いつも同じ過ちをするのだろうか?景気が良くなると何故か金余りから、お互い株を持ち合い買収をされるのを回避する。そして景気が悪くなった時に慌て売却。いつも同じ事が繰り返されておりいい加減やめればといつも感じている。
しかし人間は不思議な生き物です。ついつい毎回同じ事を繰り返す。そうですね、また同じ事で注意される自分に置き換えて見てください(笑)。
しかし、その持ち合い解消の売りもまもなく終了すると。
従って、一時的にやれやれの売りは終わる。
そのタイミングが近いとリーダー各の先輩は話していた。
その中、日経平均はそこそこ回復はした。そう裏を返せば、値嵩株に資金が向かっていたのだから、ここで値嵩株が崩れればたちまち日経平均は墜落することも忘れてはならない。
必ず今の株式市場の流れは把握しなくてならない。
------------------------------------------------------------
紋次郎
2009/10/26 (Mon) 08:14
朝のコメント

まずここで相場の流れのチェックです。私の尊敬する先輩の話を整理することにします。
まず為替!対ドル円は、先輩がお話されたように着実に95円に向かっている。
そして商品市況は、ヘッジファンド等は消去法からお金の流れが商品市況に向かってしまうと言う現実。
そして日経平均は11100円に向かう可能性があると話していた。しかしまだ確率高いとは先輩は話していない。
ただ先輩達は、日本株で売り込まれた株と強い株には積極的に参加していくと話していた。
そして理由があるとも……………。裏を返せば中途半端な株価の位置の銘柄は参加しないという結論がでる。そして地銀株を少し買っていきたいとも話していた。
そう過去の実績は私が一番理解をしており、先輩との会話を書き込みし、読んでいただいている会員様の中には少なからずご理解して頂いていると思っています。
そして、今決算発表が集中していますが、かなりの企業が上方修正となっています。ただ減収の中上方修正ですからかなりの経費削減とリストラが感じられます。
従って今株式市場は、業績の進歩率の高い銘柄を買う傾向があるのを忘れずに。
黒字転換ですとか、一番ベストは増収増益ですね。
------------------------------------------------------------
紋次郎
2009/10/26 (Mon) 08:13
ご挨拶

おはようございます。
風が終了してしまうのは非常に残念でしたが今週限りとなりました。現実を受け止めています。
そしていよいよ風と海が合体し、新しいサイトとして再出発です。そして、まず会員様には、風と海の違いを十分納得していただいて私のコメントを読んでいただきたい。
風は基本的にディで戦っており、一分一秒が非常にキーを握り、瞬間が命です。ただトレンドに反したり、チャートに逆らったりは比較的しません。根拠を持って相場に立ち向かう。そして何よりも相場で勝つ!!勝ち続けるが基本。そして私はどうすれば相場で勝てるかを絶対ではありませんが自負しているつもりです。
そこで、釣り人さんとは10年来の付き合いをさせて頂き今後も少なからず応援していくつもりです。
そこでまずこれは承知して頂きたい事があります。私はザラ場は自分の取引が精一杯でなかなか書き込みができませんが、毎日1日の終わりに必ず今日私が参加した銘柄を公表しています。
それを毎日見て頂ければ相場の流れが分かるはずですので是非とも参考にしていただきたい。
それではこれからもよろしくお願いします。
------------------------------------------------------------
2009/10/26 ( Mon ) 09:25:46
みなさん、こんにちは。
バランス株式スクールの石松です。

実践セミナーDVDとレベルアップセミナーDVDの販売にあたり、
多くの方に申し込みをいただきました。
ありがとうございました。
23日(金)までに入金が確認できました分につきましては
発送を完了しております。ご質問等ありましたら、ご連絡下さい。

さて、「デイトレ海へ」・「デイトレの風」「日経平均先物と釣り人」のサイトでの
DVDの申し込みの受付を終了とさせていただきます。


今後のお申し込み・お問い合わせは、
下記のメールアドレスが電話番号に直接お問い合わせをお願いいたします。


バランス株式スクール
有限会社レッツハブファン
担当  石松 茂
メールアドレス  lets-have-fun@mail.goo.ne.jp
電話番号  080-1541-1048
2009/10/26 ( Mon ) 08:40:53
◎監理銘柄に指定=[東証マザーズ]アルデプロは23日

【23日の相場表変更】
▽新規上場=[NEO]デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(DWTI、化学)
▽整理銘柄に指定=転換社債[東]日精機①

▼自社株取得枠設定(株数、金額は上限)
亀田製菓 50万株、10億円
岡谷鋼機 6万株、6600万円

▼ストックオプション
朝日インテック 取締役、顧問、従業員、子会社の取締役と従業員が対象。上限は20万株
2009/10/26 ( Mon ) 08:31:31
■26(月)
【国内】
10月末権利付最終売買日
臨時国会召集(~11/30)
《イベント》
NRI未来創発フォーラム2009(東京国際フォーラム)
《決算発表》
グリー、キーコーヒー、トーメンデバ、カゴメ、信越化学、JSR、高純度化、電気硝、JFEHD、森精機、倉敷機、日本電産、メルコHD、小糸工、サンクス、トーメンエレク、マクニカ、松井証券、ダイビル、タカラレーベン、コクヨ、キヤノンMJ、ニッセンHD

【海外】
香港市場休場(重陽節)
米9月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米10月ダラス連銀製造業活動指数(23:30)
《決算発表》
ラジオジャック、ナショナル・オイルウエル・バーコ、マグローヒル、コーニング、テラブス、プラム・クリーク・ティンバー、マスコ・コーポレーション、CFインダストリーズ・ホールディングス、キャボット・オイル&ガス、ベライゾン・コミュニケーションズ、ロリラード

■27(火)
【国内】
ジョン・キーNZ首相が来日(~11/1)
《株主総会》
中小投資、メディアシーク、DR.シーラボ、総合商研、明豊エンター、ウエスコ
《決算発表》
三井ホーム、日立プラント、DENA、ニチレイ、日本精化、花王、オービック、ヤフー、OBC、日立金属、日立建機、富士通ゼネラル、パナ電工、日本車輌、ホンダ、京都友禅、リコー、日本郵船、商船三井、川崎汽船、日立ソフト、中外製薬、キヤノン

【海外】
米8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数(22:00/前年比-11.75%)
米10月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00/54.0)
ABC消費者信頼感指数(28日6:00)
《決算発表》
FPLグループ、スキャナ、ホスピラ、L3コミュニケーションズ・ホールディングズ、フランクリン・リソーシズ、アポロ・グループ、ボストン・プロパティーズ、ウォーターズ、ディブライ、ファーストエナジー、フィサーブ

■28(水)
【国内】
鳩山首相が公邸に引越し
9月商業販売統計(8:50)
9月自動車各社の生産実績
《株主総会》
大盛工業、プラネット、ネクストHD、ファーマフーズ、MPHD、ビットアイル、ウインテスト、アルチザ
《決算発表》
日清食品HD、グンゼ、JFE商事HD、サミーネット、住友精化、邦チタ、島精
機、富士通、クラリオン、アドバンテスト、スタンレー電気、ファナック、日野自、野村HD、みずほインベ、JR東日本、JR西日本、JR東海、東ガス、大ガス、邦ガス、日立情報

【海外】
MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米9月耐久財受注(21:00/0.8%)
米9月新築住宅販売件数(23:00/44万・前月比2.6%)
《決算発表》
マプラクセアー、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー、ウェルポイント、サザ
ン、フローサーブ、トーチマーク、ファーストソーラー、アバロンベイ・コミュニティーズ、アシュラント、アフラック、シマンテック、ゼネラル・ダイナミックス

■29(木)
【国内】
9月鉱工業生産(8:50)
9月企業向けサービス価格指数
9月自動車生産(13:00)
《株主総会》
フルスピード、日駐、山王、アイル、アトラス
《決算発表》
住石HD、NSSOL、JT、協和キリン、積水化学、田辺三菱、テルモ、コニカミノルタ、資生堂、新日鉄、住友金属、神戸鋼、住友鉱山、コマツ、日立、オムロン、NEC、エプソン、シャープ、TDK、三洋電機、佐世保重工、三菱自、マツダ、任天堂、SBIHD、オリコ、三井不、小田急、京王、ヤマトHD、NTTデータ、ソフトバンク

【海外】
APEC財務相会合(シンガポール~30日)
EU首脳会合(ベルギー・ブリュッセル~30日)
ニュージーランド中央銀行金融政策決定会合
米7-9月GDP(21:30/前期比年率3.1%)
米7-9月個人消費(21:30)
米7-9月GDP価格指数(21:30/前期比1.4%)
米新規失業保険申請件数(21:30)
《決算発表》
CMEグループ、ボール、アパッチ、DTEエナジー、エクソンモービル、アメリカン・エレクトリック・パワー、コルゲート・パルモリブ、マカフィー、パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック

■30(金)
【国内】
9月失業率(8:30)
9月有効求人倍率(8:30)
9月家計調査(8:30)
9月消費者物価(8:30)
9月住宅着工戸数(14:00)
9月建設工事受注(14:00)
白川日銀総裁記者会見(15:30)
《決算発表》
日清粉G、キッコーマン、ハウス食品、富士紡HD、日本紙、住友化学、三井化学、武田、エーザイ、第一三共、富士フイルム、新日石、新日鉱HD、浜ゴム、栗田工業、セガサミーHD、東芝、三菱電機、ソニー、京セラ、村田製、日東電工、三菱重工、武蔵精密、豊田合成、HOYA、伊藤忠、丸紅、東京エレク、住友商事、三菱商事、ユニチャーム、H2Oリテ、大和証券、三菱地所、ANA、NTTドコモ、東電、関電、アサヒビール、昭和シェル

【海外】
米9月個人所得(21:30/0.1%)
米9月個人支出(21:30/-0.5%)
米7-9月雇用コスト指数(21:30/0.5%)
米10月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/48.5)
《決算発表》
コンステレーション・エナジー・グループ、サイモン・プロパティー・グループ、ITT、アメレン、シェブロン、サン・マイクロシステムズ、プログレス・エナジー、ドミニオン・リソーシズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)
米国市場概況(23日) 
2009/10/26 ( Mon ) 08:17:51
■NYダウ
 9,972.18 -109.13
■ナスダック
 2,154.47 -10.82
■CME225(ドル建て)
 10,255 -35(大証比)
■CME225(円建て)
 10,240円 -50(大証比)
■英FT100
 5,242.57 +35.21
■上海総合指数
 3,107.85 +56.44
■ドル円
 92.08

 23日のNY市場は下落。マイクロソフト、アマゾンなど主要企業の好決算にも関わらず、鉄道会社バーリントン・ノーザン・サンタ・フェの冴えない業績見通しや原油や商品価格の下落を受けてエネルギー関連や運輸を中心に軟調推移となった。
 セクター別では、小売やソフトウェアが上昇する一方で運輸や保険が軟調。ADRの日本株はコマツ、京セラ、トヨタ、キヤノン、任天堂、三菱商、三井住友など対東証比較(1ドル92.06円換算)換算で全般小安い。
大引け概況 
2009/10/23 ( Fri ) 15:39:00
■日経平均      10,282.99(+15.82)
 
■東証1部出来高    19.91億株
 
■日経平均先物    10,290(+20)
 
■TOPIX        902.03(-6.57)
 
■騰落        上昇566/下落957
 
■日経JQ       1,225.87(+2.14)
 
■ドル円       91.68 

■全市場値上がり率ランキング
 1. キムラタン(大1:8107)  4(+1) 
 2.ブロメディア(大ヘ:4347) 158(+36)
 3.間組(東1:1719)     103(+17)
 4.COS(JQ:8489)    373(+58)
 5. モリシタ(JQ:3594)   369(+49)
 6. ビルト工(東2:1971)   83(+11)
 7. 日本エスコン(JQ:8892) 7690(+1000)
 8.ワコム(東1:6727)    219700(+25600)
 9.リミックス(東マ:3825)  26000(+3000)
10. アストマック(JQ:8734) 24500(+2800)

■全市場値下がり率ランキング
 1.レイテックス(東マ:6672) 70(-14)
 2.DPGHD(名セ:3781)  1471(-279)
 3.カイノス(JQ:4556)    555(-95)
 4.PMO(東証:3251)      11900(-1900)
 5.そーせい(東マ:4565)   128500(-20000)
 6.LCAHD(東2:4798)   7(-1) 
 7. アマガサ(大ヘ:3070)   178000(-22000)
 8.ディアライフ(東マ:3245) 16400(-2000)
 9.レカム(大ヘ:3323)    4350(-500)
10.大和(東2:8247)     70(-8)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国株高や企業業績の改善期待を背景に朝方は買い先行でスタートしましたが、週末を控えての様子見ムードから上値が重く、横ばいの推移となりました。後場はアジア株高などを受けて上値を伸ばし、一時、上げ幅が100円に迫る場面もありましたが、買いの勢いは続かず、大引けにかけて急速に上げ幅を縮小し、取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は空運、保険、銀行。一方、値上がり上位は食料品、その他金融、建設となりました。
 TOPIXは続落、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■釣り人
 10月6日の安値から戻り高値を更新する場面がありましたが、何度も書いていますとおり、何らかの理由で先物が上昇した後、個別株がついていかなければ上昇の買いの回転は継続性がなくなります。このような相場も来週1週間で10月も終わるわけですから、面白い11月が訪れると考え、あと1週間だと思い我慢をしていきます。それでは来週またお会いしましょう。相場で大物が釣れない為、本物の海で大物釣りに明日出かけます。それでは来週お会いします。
前引け概況 
2009/10/23 ( Fri ) 11:31:46
■日経平均      10,330.43(+63.26)
 
■東証1部出来高    8.60億株
 
■日経平均先物    10,340(+70)
 
■TOPIX        909.46(+0.86)
 
■騰落        上昇807/下落671
 
■日経JQ       1,226.22(+2.49)
 
■ドル円       91.57 

■全市場値上がり率ランキング
 1. キムラタン(大1:8107)   4(+1) 
 2.ブロメディア(大ヘ:4347)  157(+35)
 3.NESTAGE(JQ:7633) 6(+1)
 4.東邦グローバル(大2:1757) 6(+1)
 5. 山水電(東1:6793)     7(+1)
 6. COS(JQ:8489)     366(+51)
 7. サトウ食品(東2:2923)   1740(+240)
 8.ビルト工(東2:1971)    83(+11)
 9.モリシタ(JQ:3594)    365(+45)
10. アストマック(JQ:8734)  24700(+3000)

■全市場値下がり率ランキング
 1.Sサイエンス(東1:5721)  2(-1)
 2.サハダイヤ(JQ:9898)   5(-1)
 3.バナーズ(東2:3011)    8(-1)
 4.ディアライフ(東マ:3245)  16400(-2000)
 5.ジーエヌアイ(東マ:2160)  18(-2)
 6.アークコア(名証セ:3384)  12110(-1340) 
 7. 京極運(JQ:9073)     241(-24)
 8.ソフィアH(JQ:6942)   72(-7)
 9.IPS(JQ:4335)     21100(-2040)
10.PMO(東証:3251)       12630(-1170)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国株高や企業業績の改善期待を背景に朝方は買い先行でスタートとなりました。ただ週末を控えて様子見ムードが強く、乏しい値動きで横ばいの推移となり、1万300円台前半でもみあう展開となり取引を終えました。
 業種別では多くの業種が値上がりしました。値上がり上位はパルプ・紙、建設、海運。一方、値下がり上位は電気・ガス、ゴム製品、精密機器となりました。
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■釣り人
 NYダウがもし反落となれば、大量の信用の買い残を抱えている銘柄は下がりやすいであろうということで警戒し、それに留まらず空売りをしたりしていますが、こう着感の強い相場であります。日経平均先物は3週連続の陽線で終わりそうです。指数はそれなりに上昇となっておりますが、個別株がなかなか追従しない相場であります。指数が下落に転じれば、もともと活況のない個別銘柄は売られやすい状況に陥ります。下落を望むのではないですが、良い株はそれなりに物色される面白い相場、期待したいところであります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。